エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日

エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 693円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「今日から兄さんは、私と同棲するの」 著作『世界で一番可愛い妹』のアニメ化によって不眠不休の生活を余儀なくされたマサムネ。兄の無茶を心配した紗霧は、『開かずの間』での“同棲”を要求する。そうして始まったのは、妹やヒロインたちとの“同棲生活”だった!? 同衾、お風呂、家庭裁判!? 恋に仕事に、二重の修羅場をなんとか乗り切ったマサムネは、束の間の休日に、様々な思い出を回想していく……。『妹やエルフと過ごした休日』『智恵との出会い』『ムラマサ先輩との日々』『マサムネが小説を書きはじめた「きっかけ」』。――そして、『私』が語る、和泉兄妹の過去。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の伏見つかさ&かんざきひろで贈る、大人気シリーズ最新刊!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2017年03月12日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 のユーザーレビュー

    購入済み

    ラノベは読んだ事がなかったので

    ゆう 2017年06月01日

    すげー面白かった。1〜〜8読みました。9巻は7月かな・・・楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月14日

    最後の一文がこの巻の全て。とはいえ、基本的に前の巻からの引き継ぎのような内容が多く、1巻のような傑出したところがないようには思えた。これからどうまとめていくのだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月05日

    表紙の通り、兄妹含めた過去のお話。サブヒロインとのエピソードもそれぞれで面白かったけど、やっぱり最後の紗霧との過去話がよかったかな。お互いに影響を及ぼして今に至る流れがなかなかアツいものがありました。締めの一言といい、完全にルート固定は終わった感がありますが(というか最初からブレてないか)、続きはど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年10月15日

    2017/02/05、秋葉原とらのあなで購入。

    前半はいつものハーレムラブコメ。
    後半はちょっぴりシリアスな思い出話編。
    良いお話でした。
    そしてそのままの告白。

    このレビューは参考になりましたか?

エロマンガ先生 のシリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • エロマンガ先生 妹と開かずの間
    高校生兼ラノベ作家の俺・和泉マサムネには、引きこもりの妹がいる。 和泉紗霧。 一年前に妹になったあいつは、まったく部屋から出てこない。今日も床をドンドンして、俺に食事を用意させやがる。 こんな関係『兄妹』じゃないぜ。なんとか自発的に部屋から出てきてもらいたい。俺たちは二人きりの『家族』なんだから――。 俺の相棒・担当イラストレーターの『エロマンガ先生』は、すっげーえろい絵を描...
  • エロマンガ先生(2) 妹と世界で一番面白い小説
    『兄妹の夢』を叶えるため『妹小説(仮)』の出版を目指す俺と、エロマンガ先生――和泉紗霧。担当編集を説得するべく、和泉兄妹は協力して企画書を作り始めるが――そこに次々と大騒動が巻き起こる! 『発売日は一年後です』 容赦なく現実を突きつけてくる担当編集。 『かくまって頂戴!』 締め切りから逃げ続ける売れっ子作家・山田エルフ。 『和泉ちゃんと同じものを好きになりたいんです』 『やつを...
  • エロマンガ先生(3) 妹と妖精の島
    「『夏の取材&執筆合宿』! あんたたちの夢を叶えるためには、必須のイベントよ!」 無事に『妹小説』を書き上げた和泉マサムネは、売れっ子作家・山田エルフの誘いで彼女の所有する南の島にやってきていた。 引きこもりの妹・紗霧の件もあり、合宿に乗り気ではなかったマサムネだが、他ならぬ紗霧からの“後押し”や、ムラマサ先輩の参加もあって、この合宿を有意義なものにしようと意気込むが……。 「...
  • エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G
    「よーっく聞けよ――ニセモノ野郎。オレ様が“本物”の『エロマンガ先生』だ」 「エロマンガ先生」の正統後継者を名乗る「エロマンガ先生G」の登場に動揺する紗霧。「エロマンガ先生」という恥ずかしいペンネームには、大きな秘密が隠されていた! 紗霧は、最強のライバルとペンネームを賭けて勝負することになる。紗霧が隠していた、恥ずかしいペンネームの秘密とは? 紗霧を圧倒する技量を誇る「エロマ...
  • エロマンガ先生(5) 和泉紗霧の初登校
    「おにーさんっ、クリスマスパーティやりましょうよ!」 12月、紗霧のクラスメイト・神野めぐみらの提案でクリスマスパーティを開くことになった和泉マサムネ。めぐみと山田エルフ、そして高砂智恵の初顔合わせや、エルフとっておきの“隠し球”、紗霧の可愛い企みなど、波乱必至のクリスマス。1月、マサムネは作家仲間の獅童国光、美少女イラストレーター・アルミの3人で『バレンタイン対策会議』を開い...
  • エロマンガ先生(6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由
    エロマンガ先生、禁断の初顔出し! 担当編集によって仕組まれた陰謀から紗霧を守ったのは、セーラー服を着たうら若き『氷の姫君』の写真だった。兄妹の保護者、京香との新たな関係が描かれる。 その一方で、和泉マサムネは、『山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由』について、本人から熱烈なレクチャーを受けることに! 妹一筋のマサムネを攻略するエルフの秘策とは!? さらには、めぐみたちと合コン...
  • エロマンガ先生(7) アニメで始まる同棲生活
    「『世界で一番可愛い妹』アニメ化決定、おめでとうございます」 二人で創った小説のアニメを、兄妹一緒にリビングで観る――『二人の夢』にまた一歩近づいた和泉兄妹。興奮冷めやらぬままマサムネはアニメの脚本会議に臨むが、そこで出会った制作スタッフは一癖も二癖もある人たちだった。アニメ化によって、マサムネの生活に様々な変化が! 先輩たちから本気のアドバイスをもらったり、智恵や学校のオタ...
  • エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日
    「今日から兄さんは、私と同棲するの」 著作『世界で一番可愛い妹』のアニメ化によって不眠不休の生活を余儀なくされたマサムネ。兄の無茶を心配した紗霧は、『開かずの間』での“同棲”を要求する。そうして始まったのは、妹やヒロインたちとの“同棲生活”だった!? 同衾、お風呂、家庭裁判!? 恋に仕事に、二重の修羅場をなんとか乗り切ったマサムネは、束の間の休日に、様々な思い出を回想していく……。『...
  • エロマンガ先生(9) 紗霧の新婚生活
    「初めて出逢うずっと前から……あなたのことが好きでした」 お互いの過去を打ち明け合い、ようやく心を通じ合わせたマサムネと紗霧。新たな関係を築いていくため、二人は子供の名前を考えたり、初デートに行ったりと初々しいやり取りをする。そんな和泉兄妹に、エルフとムラマサが言ったこととは!? 「つい数日前、オレが実際に体験したことだ」 先輩作家の草薙から、酔った過ちで危険なメッセージを誤射...
  • エロマンガ先生(10) 千寿ムラマサと恋の文化祭
    『エロマンガ先生』待望の最新刊! 年下の先輩作家・千寿ムラマサがマサムネに……!? 「兄さん……一緒に、寝てもいい?」  紗霧との甘い日々を過ごしていたマサムネは、ムラマサの父・麟太郎に呼び出される。千寿ムラマサのえっちすぎる新作小説が大騒動を巻き起こす!  秋――『青春の思い出』を作るため、ムラマサの通う女子校の文化祭に赴いたマサムネたち。 「兄さん! お嬢様の群れをジックリと観察し...
  • エロマンガ先生(11) 妹たちのパジャマパーティ
    エルフの猛アプローチによって、マサムネは紗霧と喧嘩をしてしまう。  悩める兄妹は、それぞれ親しい人たちに恋愛相談を始めるのだが……。  智恵やめぐみ、鈴音と恋バナをすることになったマサムネは、カラオケボックスの個室に連れ込まれて……。  一方紗霧が、恋愛相談の相手として選んだのは、とある妹好きのオタク美少女で……。乗せられた紗霧は、『新妻妹』へと進化する。  和泉家で催されたパジャマ...
  • エロマンガ先生(12) 山田エルフちゃん逆転勝利の巻
    「待たせたわね、ここで主役の登場よ!」  恋人同士になったマサムネと紗霧。そんな二人の前に、エルフが現れ宣言する。 「ここでわたしが勝ったら、超面白いと思わない?」  そうしてエルフは、様々な「秘策」を披露していく。「紗霧を、超可愛くて魅力的な女の子に鍛えてあげる!」「同人誌を作って冬コミに参加するわよ!」  紗霧をさらに可愛くし、兄妹の創作者としての実力を引き上げ、さらにはと...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています