コミック版 日本の歴史 幕末・維新人物伝 横井小楠

コミック版 日本の歴史 幕末・維新人物伝 横井小楠

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

学問で頭角を現した熊本藩士・横井小楠は、江戸遊学を経て、やがて福井藩に藩政の相談役として招かれる。 勝海舟、坂本龍馬、吉田松陰、高杉晋作、松平春嶽……幕末・維新を彩った英雄たちに、多大な影響を与えた男の生涯を描く!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
ポプラ社
ページ数
127ページ
電子版発売日
2015年09月19日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
92MB

新刊オート購入

コミック版 日本の歴史 幕末・維新人物伝 横井小楠 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年06月11日

    こんな渋いセレクトをしたこの「日本の歴史」シリーズ、すごいな~~~。

    確かにこの人がいなければ、維新の内容も様変わりしていたかもしれないし、維新自体なかったかもしれない。そういう人をもっと知ってもらうべきだと思うので、この本はすごく意義があると思えます。龍馬の船中八策の元ネタの一人だし、龍馬の師匠...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

コミック版 日本の歴史 のシリーズ作品 1~47巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~47件目 / 47件
  • コミック版 日本の歴史 幕末・維新人物伝 徳川慶喜
    水戸藩主・徳川斉昭の七男として生まれ、御三卿・一橋家を相続した慶喜は、やがて将軍の跡継ぎ候補として名をあげられるようになるが……!? 黒船が来航し、尊皇攘夷論が吹き荒れる幕末。弱体化した江戸幕府を支え、のちに外国の脅威から日本を守るため、大政奉還して江戸幕府に終止符を打った、日本史上最後の征夷大将軍・徳川慶喜の激動の人生を描く!!
  • コミック版 日本の歴史 江戸人物伝 天草四郎
    徳川幕府のキリシタン弾圧が激しさを増していた江戸時代初期。 少年・四郎は、飢饉と重い年貢に苦しむ島原藩領の農民たちの姿を見る。 そして、四郎の住む天草にも、厳しく年貢を取り立てる役人が来ようとしていた。 このままでは生きていくことができない絶望的な状況に、四郎たちは農民や牢人らを集め、一揆を起こす決断をする――!!
  • コミック版 日本の歴史 江戸人物伝 大石内蔵助
    「忠臣蔵」で有名な赤穂浪士の指導者がついに登場!! 元禄14年、播磨国赤穂藩主・浅野内匠頭が、江戸城内で吉良上野介に斬りつける刃傷事件を起こす。 内匠頭はその日のうちに切腹、赤穂藩はお取り潰しとなった。 赤穂藩筆頭家老の大石内蔵助は、主君の無念を晴らすため、浪士たちを率いて吉良の屋敷に討ち入る!!
  • コミック版 日本の歴史 平安人物伝 藤原道長
    平安時代中期。 貴族の五男として生まれた藤原道長は、元服し、内裏で仕事を始めるが……!? 貴族文化が華やかに咲きほこった時代、権力争いが絶えない宮中で出世を果たし、三人の娘を天皇に嫁がせて栄華を極めた、平安貴族最大の実力者がついに登場!! 藤原道長の生涯とともに、当時の貴族の暮らしぶりをわかりやすく紹介!
  • コミック版 日本の歴史 戦国人物伝 朝倉義景
    百年にわたり越前を平和に治め、北の京・一乗谷をつくりあげた名門大名・朝倉家。 その最後の当主・朝倉義景は一般に、代々の平安に胡坐をかき、織田信長に攻め滅ぼされた無能の大名と思われています。 しかし、実際の義景は、文武両道に優れ、先祖より受け継いだ一乗谷をさらに発展させた、優秀な大名でした。 そんな義景がなぜ滅ぼされたのか。 一向一揆と織田信長、ふたつの巨大な敵と戦い続けた、...
  • コミック版 日本の歴史 戦国人物伝 北条早雲
    足利将軍家に仕える伊勢新九郎(のちの北条早雲)は、応仁の乱の戦火をくぐり、主人とともに京を出た。 そして、主人と別れたあとは、駿河の今川家に嫁いだ妹を訪ね、そのまま客将としてとどまっていた。 だが、突然当主が亡くなったことで、今川家に家督争いが起こる。 妹と次期当主の甥のため、新九郎は争いを収めようと動き出す! のちに、伊豆を攻め、小田原に進出し、やがて相模全土を平定した、東...
  • コミック版 日本の歴史 平安人物伝 空海
    讃岐に生まれた佐伯真魚(のちの空海)は、幼い頃から優秀で、都の大学に入った。 しかし、とある僧との出会いをきっかけに、山野での修行をはじめ……。 遣唐使船で唐へ渡り密教を修め、帰国後、真言宗を開いた空海の波乱の生涯を描く!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

コミック版 日本の歴史 に関連する特集・キャンペーン