さよならピアノソナタ encore pieces

さよならピアノソナタ encore pieces

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

とあるピアノソナタに秘められた真実がナオと真冬を結びつける「Sonate pourdeux」。フェケテリコに新しく加わったサポートメンバーと千晶の交流を描く「翼に名前がないなら」。治療のため渡米した真冬とナオの間を行き来するユーリ――本編4巻の空白の時間を埋める「ステレオフォニックの恋」。神楽坂のトレードマーク、黒のレスポールにまつわる過去のバンドの逸話、「最後のインタビュー」。さらに哲郎を描いた掌編「だれも寝てはならぬ」の5編を収録。恋と革命と音楽が織りなす物語、珠玉のアンコール・ピース集。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
シリーズ
さよならピアノソナタシリーズ
電子版発売日
2015年07月27日
紙の本の発売
2009年10月
サイズ(目安)
7MB

さよならピアノソナタ encore pieces のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年05月13日

    最高に楽しかった。完結した物語の後日談やら前日譚を一冊丸々楽しめるというのは、極上の贅沢です。
    しかもある意味、この本にはまだ続きがあります。二人の愛の結晶が、何故か近世ヨーロッパで魔術師やってるんだから面白いですよね。

    とにかく、五冊に渉ったこのシリーズを読んでいる間は幸せでした。いつまでも間延...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月07日

    全5巻で出逢いから結婚まで。
    買ってからずっと積ん読していたんだけど読み始めたら一気に全巻読んでしまった。

    もう、すげぇ良かったですよ。積ん読してたのを後悔しました。
    ラノベで恋愛っていうとほとんどがラブコメっていうグルグルと終わらない話なんだけど、これはちゃんと終わるとこが良い。

    主人公があま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月04日

    いくらなんでも鈍感過ぎるだろ~っと
    はがゆすぎた直巳と真冬の関係も、ようやく落着いた感じで、読んでる方が親目線になるような、祝福モード全開の本作です。
    と同時に、語られなかった裏エピソードなど、解決編的な側面もあって、本当にこれでおしまいなんだなあーって感じです。
    欲を言えば、メイン4人揃ったエピソ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月10日

    本編終了の後日談。
    直巳と真冬の結婚話とかフェケテリコの話とか、蛇足にならず本編をさらにキレイに補完してくれる短編集でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月01日

    後日談。綺麗にまとまって良かった。「だれも寝てはならぬ」というタイトルは哲郎の心境を表しているようでとてもあっていると思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月17日

    読み終わってしまったあとに、あーもうこれでフェケテリコの話は終りなんだなーって、ちょっと寂しい感じの読後感がありました。この物語を作ってくれた作者の杉井光さんには感謝です。ぜひみなさんにも読んでいただきたいです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月07日

    番外編集っておいしい。しっかりいただきました。
    「誰も寝てはならぬ」を読んで、やっぱり直巳と哲朗は親子なんだと
    確信しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月05日

    これまでの話を補完する巻。
    脇役にスポットを当てた作品が多かったが、やっぱり一番は主人公と真冬のエピソード。
    主人公ばっちり決めてくれて後味の良い終わりになった。
    主人公の父親も、離婚した妻に再アタック・・・というところで終わるのも良い感じだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月24日

    変わらない主人公の鈍感っぷりにイライラ。高校卒業したんだし、ヘタレも卒業しろと。
    それはさておき、本編で語られることのなかった話や後日談など、切なく、けれど暖かい短編がここにあります。

    この本でも言及されなかったことは多々ありますが、もう一度アンコールを言うのは野暮というものでしょう。私にできるこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月02日

    本編の前後のエピソードを集めた短編集。本編の補完として非常によく練られた、各キャラクターにスポットをあてたものとなっている。

    子供から大人に成長した、本編のキャラクターから紡がれるのはそれぞれが歩んできた行程から得られた想いの数々。洗練されたそれらの要素は本編を経ているからこそ、読者に強い印象をあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

さよならピアノソナタ encore pieces の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

電撃文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング