【「カンブリア宮殿」出演で話題沸騰!】

本書は、21世紀の「所得倍増計画」の提言です。

少子化が経済の足を引っ張る日本。
出生率は、すぐには上がりません。
移民政策は、なかなか受け入れられません。
ならば、外国人観光客をたくさん呼んで、
お金を落としてもらえばいいのです。

この国には、【世界有数の観光大国】になれる、潜在力があるのですから。

ですが、2014年の訪日客数は1300万人程度です。
日本ほどのポテンシャルをもつ国としては、驚くほど少ない数と言わざるをえません。

日本の潜在力と世界の観光産業の隆盛を考えれば、
2030年までに8200万人を招致することも、決して不可能ではありません。

それを成し遂げることで、日本経済には「第2の高度成長期」が訪れるのです。
本書では、そのための方策を、詳しく解説しましょう。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
280ページ
電子版発売日
2015年06月05日
紙の本の発売
2015年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2018年05月19日

元ゴールドマンサックスアナリストが
日本の観光の分析をし
どうなっていくべきかについて書かれた本

定期的に、「ここで誤解しないでほしいのは
私は、日本の〇〇に魅力がないといっているわけではない」
みたいなセリフがはいってくるのが
くどい
ただ、それだけ、何度いっても否定されてきたのだろう

日本は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2017年11月14日

大変面白く読めた。外国人の目から見て言われると納得することも多く、「確かに」とうなずくばかり。観光に携わる人には参考になろうが、もう少し体系的な示唆が欲しかった。まあ学者ではないのでしょうがないか。
ただし、山本七平賞は意外な気もする。著者は英国人だからみんなハイハイ聞いているし高く評価されているが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2017年10月30日

もっともなことばかりが理路整然と書かれている。然るべき人たちに読んでもらって実行してもらいたい。あるいは、実行しないでいるのはどういう理由からなのか説明してもらいたい。ちょいちょい挟まる、誤解されそうな文章に対する丁寧な説明。今までさんざん苦労してきたのだろうなということを想像させる。

このレビューは参考になりましたか?

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2017年03月27日

日本は観光後進国である事実。 うすうす感じていた日本の国内旅行のつまらなさがはっきりとわかった。良かった。


 日本の観光地の資料館とかってただ刀とか壺とかが置いてあるだけで動きが無くて面白くないんだよね。両国の江戸東京博物館は良いんだ。ああいう動きがあって、ウケを狙っている感じがないと勉強にもな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2017年03月26日

 同著者の「新・所得倍増論」が面白かったので前作のこちらも読みました。観光大国になるための4つの条件は、気候、自然、文化、食事であり、「おもてなし」はおまけでしかない。日本のおもてなしは、時として柔軟性が低く、すばらしいおもてなしをしているので、「郷にいっては郷に従え」を押し付けることがある、という...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2016年12月10日

観光立国の4条件。
気候、自然、文化、食事

日本の特徴は、
古い文化を残しながら、次にやってきた新しい文化を取り入れること。→共存
公家&武家、天皇&将軍

観光立国が進まない日本
力をいれていない、観光業を途上国のやるものとみなしている。

気配り、マナー、サービスは観光動機にな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2016年10月07日

観光のビジネスについて考えさせられた。
一番旅行に使っている国や消費金額が多い国、
ターゲットによって趣味嗜好が違うので今後の観光戦略を考えて行くべき。
8300万人までなら増える可能性あり。

このレビューは参考になりましたか?

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2016年08月24日

作者は、イギリス人の”デービット・アトキンソン”。
オックスフォード大学で日本学を専攻。その後、ゴールドマン・サックス入社。2009年からは国宝・重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社に入社し、現在は代表取締役社長です。

統計データを屈指し理路整然と日本の観光業のイケてない部分を指摘。これが超気...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2018年10月11日

非常に説得力のある、また耳が痛いところが沢山書いてあるがその通りだから言い返しようがない。けれど2030年までに8700万人もの外国人旅行者が訪れるようになればそれはすごいことだと思う。そのために今は作り替えていく必要があるのと同時に日本人のメンタル、外国人に対する不寛容、アジア人に対する蔑視などは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論―イギリス人アナリストが提言する21世紀の「所得倍増計画」

Posted by ブクログ 2018年10月08日

日本のインバウンド観光がいかに甘いかが分かる一方で、今後の伸びしろも感じさせてもらえるのが、良かった。



*日本は観光立国としてまだまだポテンシャルがある
・今後GDPを上げていくためには、移民よりも、観光客を増やしていくべき

*観光立国の条件は「気候・文化歴史・自然・食事」である。それを日本...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?