浪漫のお国で逢いましょう
  • 完結

浪漫のお国で逢いましょう

作者名 :
通常価格 680円 (619円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

英国帰りの糸井(いとい)は、港町の学校で英語を教えることに。そんなある日、教え子の兄で軍人の手塚(てづか)と出会う。海軍少尉の手塚は、軍服を粋に着こなし、年下のくせに尊大で強引。「可愛いですね」とからかってきたかと思えば、舶来品の土産を贈られたりと、振り回される一方! 真意がわからないでいたら、「僕を教えて差し上げますよ、実地で」とキスされて!?

カテゴリ
BL
ジャンル
BLマンガ
出版社
徳間書店Chara
掲載誌・レーベル
Charaコミックス
電子版発売日
2015年05月01日
紙の本の発売
2013年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
56MB

浪漫のお国で逢いましょう のユーザーレビュー

    購入済み

    じんわり

    腐女ばぁ 2021年01月23日

    さすが作者様としか言えない作品。
    じわじわ物語が進むにつれて良さが増してくる。
    完全に作者様の虜になってます(笑)
    ちょっとツンな受けに飄々とした攻め。
    このCPを描かせたら右にでるものなしww
    今回もありがとうございました!!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    Ann 2021年01月05日

    この時代背景も攻めのツンデレも受けの意地っ張りも大好きでした。肝のすがたが色っぽかったです。この作者さんの線の細い絵が綺麗ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月25日

    この時代の話はひBLに限らず好き。
    木下先生の優しいタッチの画がまた良かった。
    海軍少尉の手塚さんの軍服姿が素敵。
    英語での会話の二人はお洒落ですね。
    手塚弟くん、もてますが真意は如何に?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月07日

    これキャラだったのか~読み終わるまで大洋図書系だと思ってましたw

    すごく浪漫に溢れた1冊でした~読んでてにやけるにやける。大正っていいなあ。なんか小尉がすごくまっすぐな人で見てるこっちがどきどきしてしまったよ…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月19日

    海軍服も和服姿も見ることができて、どちらも好きなのでとても幸せでした////
    この時代はいいですよね…喋り方も服装も……!大好きです^^
    もう少し濡れ場が欲しかったと思ったので☆4つ。
    ストーリーは☆5つです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月29日

    大正ロマン。白い軍服がめちゃくちゃカッコいい海軍少尉×英国帰りの純情英語教師のピュアピュアラブです。
    こういうの描くのが上手いセンセです。

    港町の学校が舞台になっていて、そこの教師が糸井でその教え子の兄が少尉の手塚です。
    詳細な歴史検証したわけではなさそうですが、それでも登場するあらゆるものがレト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月11日

    時は大正、世はモダン――。英国留学から帰国した糸井は、とある港町の学校で英語教師になることに。
    そんなある日、生徒と娼妓のかけおち事件が発生! 関係した生徒の兄である手塚と出会う。
    海軍少尉だという手塚は、年下のくせに強引で尊大。そりが合わずに言い合いをする二人だけど、
    真面目な一面を知って、次第に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月25日

    ★3・4
    なんか六車くんシリーズのような世界観だな~と。あれはもっと後かな??言葉遣いとか漢字はあえてこの時代っぽくしたのかなと思ったところがちらほら。でも、手塚弟が「奥にすっこんでて」っていうのがすんごい引っかかった;これはこの時代だから?間違い??喜三郎がキッス(!)っていうのはすごいツボった(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月26日

    大正ロマンに軍服に和服、眼鏡教師、年下攻に木下さんの絵柄と萌えが詰まっている筈なのに、何故かそこまで萌えきれなかった…期待し過ぎたのかも。プラトニックな時代ならではの二人の気持ちが近づいていく様子はよく分かるし、木下さんはえっちに至る経緯で萌えさせてくれる作家さんなのですが、ちょっと二人の関係がサラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年04月27日

    糸井先生、完全にロックオンされちゃってた。
    手塚兄、やらしーなあ。ソツのないひとが時折かき乱されてるの見るのはとても愉しいですな。
    手塚弟には気の毒であった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

浪漫のお国で逢いましょう に関連する特集・キャンペーン