別冊文藝春秋 電子版9号
  • ptバック

別冊文藝春秋 電子版9号

作者名 :
通常価格 500円 (税込)
獲得ポイント

152pt

  • 30%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

作品内容

別冊文藝春秋(通巻325号/2016年9月号)

 今号は新連載が五作。朝井リョウさんの「風と共にゆとりぬ」。「ゆとり世代」だからこその切なさとおかしみが炸裂するエッセイ。伊吹有喜さんの「ホームスパン」。職人一家三代の生き方を通して、心が離れかけた家族の再生を描く壮大な物語。大山誠一郎さんの「赤い博物館2 夕暮れの屋上で」。キャリアながら《警視庁付属犯罪資料館》館長に甘んじる謎の美女と捜査一課から左遷された巡査部長が、迷宮入りの難事件に次々と挑む本格警察小説。木下昌輝さんの「宇喜多の楽土」。宇喜多秀家の流転の日々を描く本格歴史小説。深緑野分さんの「スタッフロール」。映画の世界に夢を託した二人の女性の愛と冒険の物語。
 巻頭対談は、クリープハイプのボーカルとして活躍する尾崎世界観さんと気鋭の作家、千早茜さんです。

【今号の目次】
◆初小説『祐介』刊行記念対談◆
尾崎世界観×千早茜
◆新連載◆
木下昌輝「宇喜多の楽土」
伊吹有喜「ホームスパン」
深緑野分「スタッフロール」
大山誠一郎「赤い博物館2 夕暮れの屋上で」
◆短篇◆
彩瀬まる「愛のスカート」
藤野恵美「婚活バーベキュー」
◆エッセイ◆
朝井リョウ「風と共にゆとりぬ」
◆連載小説◆
島本理生「ファーストラヴ」
東山彰良「僕が殺した人と僕を殺した人」
飴屋法水「彼の娘」
深沢潮「海を抱いて月に眠る」
早坂吝「ドローン探偵」
朝比奈あすか「人間タワー」
櫛木理宇「AX」
近藤史恵「インフルエンス」
福田和代「空に咲く恋 当世花火師青春始末」
七月隆文「天使は奇跡を希う」
柴田よしき「高原カフェ日誌2」
中村航「赤坂ひかるの愛と拳闘」
楡周平「ぷろぼの」
貴志祐介「赤い雨」
酒見賢一「泣き虫弱虫諸葛孔明」
夢枕獏「ダライ・ラマの密使」
◆連載終了◆
吉永南央「紅雲町珈琲屋こよみ5」
橘玲「フィリピーノ」
沢村浩輔「週末探偵 ちょっと変わった依頼人《後篇》」
青柳碧人「国語、数学、理科、漂流」
◆漫画◆
久世番子「よちよち文藝部」

ジャンル
出版社
文藝春秋
電子版発売日
2016年08月19日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「文芸誌」ランキング

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play