別冊文藝春秋 電子版1号

別冊文藝春秋 電子版1号

作者名 :
通常価格 500円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

作品内容

1946年に創刊以来、井伏鱒二、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫……と綺羅星の如き作家が登場してきた「別冊文藝春秋」が、電子版へと大リニューアル。記念すべき電子化第一号は、道尾秀介と綾野剛との巻頭対談、重松清、若竹七海といった人気作家の短編や貴志祐介、誉田哲也、月村了衛などの新連載と読み応え満点の一冊になっています。(通巻317号/2015年6月号)

●巻頭対談
「現場主義でいく」道尾秀介×綾野剛

●短篇 小説の肌触りを堪能
「ワン、ツゥ、スリー……パッ。」重松清
「不適切な死」若竹七海
「慈雨」岩城けい

●新連載 圧倒的な読み応え!
「赤い雨」貴志祐介
「武士道ジェネレーション」誉田哲也
「ガンルージュ」月村了衛
「ネメシスの使者」中山七里
「フルーツパーラーにはない果物」瀬那和章
「よちよち文藝部 シーズン2」久世番子

●力作中篇
「ぎゅうぎゅう詰めの殺意(前編)」倉知淳

●連作短編
「母の宿」花房観音
「出かけなくてはいけない場所」加藤千惠

●連載小説
「スクープのたまご」大崎梢
「サイレンス」秋吉理香子
「ブルーネス」伊与原新
「肉と衣のあいだに神は宿る」松井雪子
「ガーデン」千早茜
「横浜1963」伊東潤
「漂流銀河」初野晴
「裁く眼」我孫子武丸
「鮪(しび)立(たち)の海」熊谷達也
「泣き虫弱虫諸葛孔明」酒見賢一
「千両箱二十箱の中身─縮尻鏡三郎─」佐藤雅美

●連載エッセイ・漫画・コラム
飴村行/ウラモトユウコ/穂村弘etc.

ジャンル
出版社
文藝春秋
電子版発売日
2015年05月08日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 26件
  • 別冊文藝春秋 電子版26号
    ◆新連載小説◆ 澤田瞳子 「星落ちて、なお」 鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは―― 父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師一代記 ◆人気シリーズ◆ 円居挽 「キングレオの回想」 最終回 獅子丸による突然の引退宣言。慌てふためく有と大河のもとに、 宿敵・城坂論語が施設を脱走したとの知らせが届く ◆連載小説◆ 藤沢周「あじゃりじゃらか」 最終回 門井慶喜「空を拓く」 夢枕...
  • 別冊文藝春秋 電子版25号
    ◆春の特別対談◆ 春の落とし穴にご用心 貴志祐介 × 田中圭一(漫画家 『うつヌケ』著者) 進学、就職、転職……新生活が始まる春は、心も変調しやすい季節。不安定な自分の心と上手に付き合うには? ◆人気シリーズ◆ 円居挽「キングレオの回想 タチバナの種五つ」 京都地検からの挑戦状! 獅子丸が解決した事件に難クセをつける不遜な検事、その正体はまさかの―― ◆連載小説◆ 藤沢周「あじゃりあじゃらか」...
  • 別冊文藝春秋 電子版24号
    大好評の望月麻衣さん「京洛の森のアリス」は早くも第三弾です。王族をやめて一般人となった王太子の運命はいかに? 安東能明さん「夜の署長II」、辻堂ゆめさん「ロボット・パティのお騒がせ事件簿」、円居挽さん「キングレオの回想」と読切ミステリーも充実の最新号です。 ◆大好評!人気シリーズ◆ 望月麻衣 「京洛の森のアリスIII」 安東能明 「夜の署長II 塔の死角」 辻堂ゆめ 「ロボット・パティ...
  • 別冊文藝春秋 電子版23号
    別冊文藝春秋(通巻339号/2019年1月号) 最新型の人型ロボットと聞けば、色々なことができそうに思いますよね? しかし、実際は……。辻堂ゆめさん「ロボット・パティのお騒がせ事件簿」は、ロボットへの過大な期待とそのギャップに翻弄される営業担当・外崎朝香を主人公にしたコミカルな連作短篇ミステリー。また安東能明さんの人気シリーズ「夜の署長」第二弾、第一回は三宅島出身の村上沙月巡査ととも...
  • 別冊文藝春秋 電子版22号
    別冊文藝春秋(通巻338号 2018年11月号) 京都を舞台にしたミステリー、名探偵・キングレオが帰って来ました! 「日本探偵公社」に所属するキングレオこと天親獅子丸とその助手・大河が挑むあらたな謎とは? シャーロック・ホームズ愛にあふれる円居挽さんのシリーズ第二作にご期待ください。 小説では青山文平さん「跳ぶ男」、本城雅人さん「崩壊の森」、葉真中顕さん「セルロイド」、千早茜さん「神...
  • 別冊文藝春秋 電子版21号
    別冊文藝春秋(通巻337号 2018年9月号) 人気シリーズ『化学探偵 Mr.キュリー』の筆者・喜多喜久さんが本誌初登場です。警視庁に配属された新人刑事は、王族につらなるお嬢様! 柔道二段の芦原とのコンビで連続殺人事件に挑みます。藤野恵美さんの短篇シリーズ「淀川八景」第七話は、自主制作にのめり込む二人の女子高生と、転校してきたばかりの男子高校生との淡い恋の物語。小説のほかにも、武田花さ...
  • 別冊文藝春秋 電子版20号
    別冊文藝春秋(通巻336号/2018年7月号) 今号は新連載が二作。矢月秀作さんの「刑事学校2」は大分県警の刑事研修所で現職の若手警官を一人前の刑事に育てるべく熱血指導する教官の奮闘を描いた痛快な警察小説。望月麻衣さんの「京洛の森のアリス2」は舞妓になることを志した少女が京都らしき土地に迷い込んで巻き込まれる不思議な出来事の数々を描いた心躍るファンタジー。両作品ともに、多くの読者か...
  • 別冊文藝春秋 電子版19号
    別冊文藝春秋(通巻335号/2018年5月号) 今号は新連載が一作。藤沢周さんの「あじゃりあじゃらか」は人間の奥底に眠っている欲望のあり様を問う、鮮烈なる官能の物語。奥多摩の谷戸にある寺院に雇われ、平凡な日々を過ごしていた寺男が境内で出会った謎の美女の知られざる秘密とは―。短篇には篠原勝之さんの「戯れの魔王」。舞踏の親玉マロに誘われて、いきなり踊りの舞台に出演することになった後期高齢...
  • 別冊文藝春秋 電子版18号
    別冊文藝春秋(通巻334号/2018年3月号) 本誌で「空を拓く」を連載中の門井慶喜さんが、「銀河鉄道の父」で第一五八回直木三十五賞を受賞しました。「空を拓く」は、東京駅や日本銀行本店の設計を手掛けたことでも知られる建築家・辰野金吾の人生を通して、近代都市誕生のロマンに迫る物語。新直木賞作家の最新作にご注目下さい。三崎亜記さん、畑野智美さんの連載は今号で終了。夢枕獏さんは休載です。 ...
  • 別冊文藝春秋 電子版17号
    別冊文藝春秋(通巻333号/2018年1月号) 今号も新連載、注目作が満載。安東能明さんの「夜の署長II 穂先の死」。ホテルで新興IT企業の取締役が脳出血で死亡。「夜の署長」こと下妻晃は事件性を嗅ぎ取り捜査を始める。倉知淳さんの「ドッペルゲンガーの銃」。離れた場所で同時に発生した2つの事件。ある痕跡から、事件を起こしたのは同一人物だと断定された。犯人の使ったマジックとは? 望月麻衣さ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「文芸誌」ランキング

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは16,886

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!