長く素晴らしく憂鬱な一日

長く素晴らしく憂鬱な一日

作者名 :
通常価格 352円 (320円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

仕事場から見える「新宿」は、不気味だ。地下鉄駅に佇む「夕子」。蛇をポケットにしのばせる詩人。スピーカーを背中にしょって説教する男。そしてぬめぬめの「新宿シルクロード」を酒場に向かって無気力に旅する男たち―。「新宿」という街は、それら孤独や喧噪や疲労をものみ込んで、また立派な朝を迎えていく。虚実の間を鋭くかつ緩やかに描く現代の「都会の憂鬱」。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2015年04月30日
サイズ(目安)
4MB

長く素晴らしく憂鬱な一日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年08月27日

    シーナ氏の文学性の一面が見れる一冊でした…。 ←え?? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    ともかくシーナ氏の普段書くエッセイやら私小説じみた小説やらとは違ってひっじょおに暗いムードが漂う小説でした…。

    タイトルにもある通り、全編に渡って憂鬱なムードが漂っている感じでして、それにしては話その...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月09日

    びっくりする程なんでもない小説です。
    ストーリーは新宿のワンルームに事務所を構える著者が仕事を切り上げ、寄り道しながら帰って寝て起きただけ。
    しかし、そのなんでもない一日を妄想と思い出を絡めて楽しませてくれるのです。あちらこちらに思考が飛び繋がりがないようでそうでもない。
    人の頭の中をじっくり覗ける...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています