郵便配達人 花木瞳子が顧り見る
  • 値引き

郵便配達人 花木瞳子が顧り見る

作者名 :
値引き価格 291円 (税込) 9月28日まで
通常価格 583円 (税込)
紙の本 [参考] 680円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

郵便探偵が挑む、宛先も差出人も不明の手紙。「サンタさん へ」とだけ書かれていた――。P255で全てがひっくり返り、P276から真実が語られる時、あなたは涙の味を知る! シリーズ累計5万部突破! 新世代作家の最高傑作! 書店員さんも脱帽!! 二宮敦人[! (ビックリマーク)]×鉄雄[櫻子さんの足下には死体が埋まっている]が仕掛ける大人気お仕事ミステリー!! 【あらすじ】郵便配達中に、花木瞳子は不思議な封書に気付く。宛先も差出人も不明。表には「サンタさん へ」の文字のみ。しかも、その郵便は既に何通も郵便局に送られていた上に、差出人の狂気と妄想がつづられていた。一方、手紙をきっかけに、亡き父親の死の原因を追う瞳子は、そこに秘められた禁断の真実に直面していく。時を越える父と娘の絆、消せない因縁、消えない愛情。あなたの涙腺が決壊する真夏のクリスマス・ミステリー!

ジャンル
出版社
TOブックス
掲載誌・レーベル
TO文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年01月15日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年06月08日

サスペンス色は前作よりも後退したが、狭義のミステリー要素は強まった。叙述トリックも仕掛けられてかなり面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月28日

何故って?
いろいろと謎が残る
読んでてちょっと怖い物語でした。

今回は読んでて途中に
結構、あれなんか違和感を感じるって
もやもや間があるのですが
最後はそういうことだったのね
って感じになりました。

一人でやろうとしたら
一人になってしまうじゃないか
ごもっともな言葉だけど
結構心に響きまし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月08日

このシリーズは郵便事業の色々な仕組みがわかって面白いね。今回もホラーちっくですが、本当に怖いのは人間だね。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「郵便配達人 花木瞳子」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play