この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義

この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義

作者名 :
通常価格 559円 (509円+税)
紙の本 [参考] 561円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

東京工業大学の教授に就任した池上彰さん。理系学生への講義の内容が一冊に。「悪い会社・優れた経営者の見分け方」「なぜ優秀な理系学生がオウム真理教に?」「君ならサムスンに移籍するか?」「日本国憲法は改正すべきか」「リーマン・ショックとは何だったのか」「君は年金に入るべきか」「なぜ反日運動が起きるのか」etc.知るべきことを分かりやすく。ビジネスマンも必読です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2015年03月25日
紙の本の発売
2015年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年06月20日

    戦後の世界史はニュースなどで放送されておりますが、背景がイマイチつかめていないまま、「北朝鮮はおかしな国だな」「また中東で戦争が起きているんだな」
    「反日デモってなんでやっているのかな?」
    などの疑問が晴れて理解できました。 

    歴史は伝え方によって、大きく変わり国民的反逆者が英雄になり、英雄が反逆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月02日

    東工大の全15回の講義録。臨場感あふれる語り口。宗教、政治、憲法、金融など。
    最終回は、サムソンにヘッドハントされたある家電メーカー(シャープ?)技術者を例示して、学生が討論する。なかなか面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月31日

    東京工業大学生を相手に、ジャーナリスト池上彰が現在の世界で起こっている社会問題について講義した内容をまとめたもの。

    池上氏が学生たちに強調するのは、物事をいろいろな視点から見なさいということ。例えば、イギリスが中央にある世界地図をながめて、「中東」という言葉の意味を知る。また、中国の世界地図で、北...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月02日

    幅広いテーマが語られる。勉強不足を反省。で、どうしたらええねん!
    まずは知ることから・・・モゾモゾ、ヨミヨミ、フムフム

    2012年から東工大で行われた15の講義の内容がまとめられている。
    まずは講義を通じて、何を考え、自身の結論とするかの重要性が語られる。

    宗教、政治、戦争、差別、お金、クーデタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月25日

    東京工業大学の優秀な学生に、池上彰さんが世界経済、政治、科学、歴史など授業で講和した内容をまとめた本。最後のテーマである「君が日本の技術者ならサムスンに移籍しますか?」はそれぞれの学生が、賛成、反対、その他の立場に立ってプレゼンをしている。この章だけでも、読む価値がある。読みながら自分の考えをまとめ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月17日

    池上氏の東工大での講義「現代世界の歩き方」を
    まとめた本。2012年の内容なので新鮮さは
    ないけれど、書籍という形でじっくりと
    池上氏の講義に触れられるというのは
    いい読書体験でした。20歳そこそこの私だったら
    この授業は難しくて取らなかったと思います

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月04日

    大学の講義を本にまとめた形式なので、そこまで突っ込んだ内容は出てきませんが、章タイトルを見てもらえばいずれも気になるトピックが取り上げられています。昨今の社会情勢を理解するベースの知識を得ることができ、これを入り口に、より深く調べてみようと思える内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月06日

    池上さんの著書は初めて購入したのですが、各論点について非常にまとまっているなあと感心しました。
    東工大での講義をもとにした内容だけあって、講義を聞いているようにテンポよく読むことができました。
    個人的には中国、北朝鮮の政治構造について、点での理解だったのでこの本で現在に至るまでの流れを学ぶことができ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月26日

    今回は少し違った内容、切り口からの解説が含まれる。これだけ池上彰氏の本が出てくると内容的にオーバーラップしてくるのはしょうがないだろう。いつもの如くわかりやすい解説であり、講堂に受講生が溢れているというのも理解出来る。もちろん、池上彰氏が学生達に求めているのは受講そのものにあるのではなく、それを通し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月25日

    講義内容が毎回がらりと変わるのでテンポ良く読みやすい。池上彰さんの説明は変わらず分かりやすい、以上に講義に出席している東工大生も素晴らしいと思った。

    2016.2.24

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています