「格差」の戦後史 階級社会 日本の履歴書【増補新版】

「格差」の戦後史 階級社会 日本の履歴書【増補新版】

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

日本社会はいかにして、現在のようなかたちになったのか―格差拡大は1980年代に始まり現在も続いている巨大なトレンドであることを実証的に示し、根拠なき格差論議に終止符を打った現代社会論の基本文献。東日本大震災後、もはや避けては通れない「地域間格差」の戦後史、さらには「若者の貧困」「主婦の変質」をめぐる章を追加した大増補版。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出ブックス
シリーズ
河出ブックスシリーズ
電子版発売日
2015年03月06日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

「格差」の戦後史 階級社会 日本の履歴書【増補新版】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年02月15日

    ピケティ「21世紀の資本」の後に読んだ。本書は戦後からを扱っているが、潮流としては日本の格差も一致する。そこに日本独自のもの、例えば戦後の農地改革や財産税で格差が一気に縮小したり、正規/非正規などの雇用形態によって生じる階級など。ピケティと同じく高度成長期の後から現在に至るまでは格差が拡大傾向にある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月30日

    実は格差拡大が密かに始まっていた80年代、低所得層を置き去りに賃金アップを求め続けた労組≒革新政党への反感が中曽根時代の自民党大勝、民営化政策の流れを作ったという分析には非常に納得。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月02日

     終戦直後から現代まで日本の格差はどうだったかを記す。

     これは貴重な資料だ。
     当たり前だけど、昔は格差が全くなかったなんてことはなくて、終戦から高度経済成長へとかけて格差は様々に変化していっている。さらにバブル崩壊以降から現在にかけて格差が拡大したのも、ただ景気が悪くなったからではなく社会の構...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月31日

    戦後60年の格差。所得格差は戦争で大きく低下したがその後上昇、60-80年高度成長期に低下、その後はまた上昇している。80年代以降、出身階級の格差も、固定化・拡大傾向にある。

    格差の縮小した高度成長期は、身分が変り得る、戦国時代的な特異状況でもあったと。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています