新・日本の階級社会

新・日本の階級社会

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

新自由主義の台頭で日本社会に格差が定着した。非正規労働者層が誕生し、人口の三割が経済的理由から家庭を持つことができないという、膨大な貧困層を形成した。人々は格差の存在をはっきりと感じ、豊かな人々は豊かさを、貧しい人々は貧しさをそれぞれに自覚しながら日々を送る。豊かさの程度によって日本はすでに分断され、「新しい階級社会」が成立しているのだ。最新の調査データが物語る、現代日本の恐るべき現実!!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2018年01月19日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

新・日本の階級社会 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月09日

    格差を認識しているのは主にアンダークラス(負け組)であること。
    “自己責任論”はアンダークラスが自分自身をさらに追い詰めてしまうイデオロギーであること。
    “新中間階級”の親に育った子どもが“新中間階級”になれず、強い敗北感を感じていること。
    女性は、結婚相手の階級に依存せざるを得ないこと。

    書かれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月18日

    「橘玲/言ってはいけない 残酷すぎる真実」を読んだ時と同じような気分になるが、良書、ただこれだけの分析が出来た上で、今後の対策がこれなのは現状の問題の深さをより深く感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月09日

    とても丁寧な本。統計数値を一つずつ確認して日本社会に存在する格差の姿を確認していく姿勢がとても几帳面で信頼感がある。その書き方ゆえに退屈な印象だったり、面白くないと感じるかもしれないが、こういうテーマなので丁寧さは欠かせないと思う。
     
    そういう手順で導かれたのが、
    「格差是正ー平和主義ー多文化主義...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月02日

    資本家階級、新中間階級、正規労働者、アンダークラス、旧中間層に区分けして、多くのデータにより日本の就業者の状況を分析している好著だ.旧中間層は戦後間もない時期に最大の割合を占めていた農民層と自営業者層だが激減してきた.問題はアンダークラス 非正規労働者だ.5つの階層は2015年前後でそれぞれ 4.1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月25日

    各種調査をもとに、日本社会を「資本家階級」「新中産階級」「正規労働者」「アンダークラス」「旧中産階級」の五つの階層にわけて分析している。

    階級によって、身長や体重が変わってくるのも意外だった。
    (予想どおり、アンダークラスが一番うつ傾向が高い。)

    「一般的にいえば、構想に関わる労働は、自らの意思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月26日

    今自分が置かれている状況、日本の状況が数字で書かれており、ある程度理解できた。今後の洗濯をする上で自分の立ち位置を少しは意識することができるようになったと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月14日

    現在の日本社会に格差があるのは明らか。
    それも結構細分化された階層構造になっていると思うのだが、著者は客観的なデータをもとに検証し、格差・自己責任論・所得再分配をどう統合していけばよいのか、あるべき国の姿を提唱する。
    そも格差ひとつとっても、格差などないんだとする層も一定数存在するのが現実だ。すでに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月24日

    所得格差に触れる本はたくさんあるが、これは世帯所得に対して男女による分析行うなど詳細なデータがあり説得力があった。今日の日本の問題である累進課税や消費税に関する問題による階級の継続性の考察は他の本とあまり差はないが、政治的思想の分析は興味深かった。自己責任論と格差拡大の認識、この2つは重要なキーワー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月21日

    豊富なデータに基づき、現在の格差社会の現状を明らかにする。もはや、格差社会ではなく階級社会である。
    アンダークラスに陥った場合、再び上昇することは難しい。無機質な数字が、恐ろしく見えてくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月22日

    自己責任論
    僕は否定しません。
    チャンスが平等に与えられるなら結果の平等は危険と考えます。
    でもAI化が進んでいくと過渡期に大失業時代が来てしまうんですよねσ^_^;
    産業革命で労働者が仕事を奪われたとき壮年期にホワイトカラーへの再就職先があったか考えれば自明なことですσ^_^;

    本書では
    資本家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新・日本の階級社会 に関連する特集・キャンペーン