宇宙137億年の歴史 佐藤勝彦 最終講義

宇宙137億年の歴史 佐藤勝彦 最終講義

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

一人の若手科学者はいかにして宇宙論の世界的牽引者となったか。益川敏英、南部陽一郎らノーベル賞学者との出会いから宇宙論最前線まで、インフレーションモデル提唱者・佐藤教授の東大退官記念、最終講義。
※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川選書
電子版発売日
2015年02月26日
サイズ(目安)
9MB

宇宙137億年の歴史 佐藤勝彦 最終講義 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年06月29日

    現代宇宙論のエッセンスがすべて詰め込まれているといっても過言ではあるまい。
    佐藤氏のバックボーンにも触れられている。
    やはり、グースに対する対抗意識みたいなものも感じられて興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月27日

    インフレーション理論の佐藤勝彦先生が、最終講義として今までの研究を纏めて話したものに、一般向けにするためにいろいろ情報を付加した本です。
    なるほど宇宙の初期はとても小さかったからそれに素粒子の理論をぶつけてみましたって話からインフレーションやマルチバースが生まれてきたのか。と判った風に書きましたが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月19日

    内容はもとより、講義内容をこれだけわかりやすく紙面に描きおこしたことに感嘆します。
    とはいえ、専門的な内容がふんだんに盛り込まれているので、理解したとは到底言えません。
    しかし、著者の熱い思いが文面の端々に感じられて、いっしょにワクワクしてしまうような一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月03日

    流石に院生向け講義からの書きおろしだから少々手強いが、最終講義ということもあり自らの信念の表明のような内容で面白かった。
    ただ一番印象に残ったのは「インフレーション」と「指数関数的膨張」というネーミングのセンス。
    日本人の書く宇宙論の本では本著者の名前は頻出するが、海外の素人向け翻訳本ではあまり見か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月04日

    内容は楽しいのだが、ほとんど分からない。でも最後まで頑張って読みました。ふーっ。疲れました。人間の知能には限界があるのかしら。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川選書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング