鍋釜天幕団フライパン戦記 あやしい探検隊青春篇

鍋釜天幕団フライパン戦記 あやしい探検隊青春篇

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

まだ“旅”があった時代、彼らは夜行列車に乗り込み、行き当たりばったりの冒険に出た。第一回遠征・琵琶湖合宿をはじめ、初期「あやしい探検隊」(東ケト会)を、椎名誠と沢野ひとしが写真とともに振り返る。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / 紀行
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2015年02月03日
紙の本の発売
2015年01月
サイズ(目安)
39MB

鍋釜天幕団フライパン戦記 あやしい探検隊青春篇 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年02月17日

    冷静になれないのです。やはり憧れの椎名誠の、それも大好きな怪しい探検隊の黎明期の写真を見ながら椎名さんと沢野さんが語り合うなんて大した内容でなくともぐっと来るに決まってます。初期によく出てきた人物がやたらと懐かしく、またシリーズを読み返したくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月03日

    初期の『あやしい探検隊(東日本何でもケトばす会)』を椎名誠と沢野ひとしの対談形式で、写真と共に振り返るという企画本。

    椎名誠の一連のスーパーエッセイと共に『あやしい探検隊』は夢中になって読んだ面白本だった。本書を読んでいて、椎名誠率いるあやしい仲間たちの破天荒な行状を思い出し、感慨深かった。うすら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月22日

    椎名誠と沢野ひとしが写真付きで振り返る怪しい探検隊の輝かしい青春時代。

    あー本当にキャンプしてたんだなぁと感心してしまった。

    あとがきの解説にも書かれていたが、「椎名誠になりたくてもなれない」というのには共感できる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています