余計な一言

余計な一言

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なぜあの人にムカつくのか? 「だって」「しかし」の連発、「行けたら行く」「なくはない」という曖昧な物言い、面白くもない辛口コメント、「頑張れ頑張れ」の繰り返し、バカ丁寧な敬語の乱用……人間関係を悪化させる元凶は「余計な一言」だ。28の実例と解説を、頷き、笑いながら読むうちに自然と予防策が身についていく。コミュニケーション能力が確実にアップする「声に出して読んではいけない日本語」への処方箋。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2015年01月23日
紙の本の発売
2014年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

余計な一言 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月25日

    何となく思ったことを言っただけなのに、相手の心を深く傷つけることは、知らず識らずのうちに起こっている。
    無意識にかどうかはともかく、そんな「余計な一言」は、人間関係を破壊してしまうのだ。
    しかしながら、それを気にしてばかりいては、会話は弾まない。どうすればいいのだろう。そのヒントになるのがこの本だ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月19日

    余計な一言。斎藤孝先生の著書。私はおしゃべりが大好きで、悪気はないのだけれどつい無神経で余計な一言を言ってしまいがち。当たり前だけれど、自己中心的で自分勝手で無神経な会話は相手を不快にさせることもある。事実や本音、苦言、悪口、マイナス発言と受け止められる可能性があるときには特に気を付けないと。会話や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月27日

    すぐに読み切れる本だが、だからこそ本を読む習慣がない人にも読んでもらいたい本。
    深みのある人間になるためには、「余計な一言」を会話から削ぎ落とす必要がある。
    僻みからネガティブな一言を挟んでしまうことがよくあるので、意識して直そうと思った……。
    何度でも読み返したい本に久々に出会えた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月28日

    私もかつては言いたがりな人間でしたが、いつの頃からか、基本的に嘘は言わないが本当のことも言わない、に方針転換しました。
    他人の悪口を言ったり、悪意をぶつけて敵対する気なんて全くない。だけど、嫌なものは嫌で、嫌いな人は嫌い。口に出して言わなくてもいい、腹の底で何をどう考えるかは本人の自由。だったらノー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月24日

    極めてわかりやすく、為になる。
    4章の『がさつで無知で無神経』は
    特に肝に命じようと思った。
    繰り返し読んで身につけたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月23日

    自分の口癖や思考の傾向を見直すチェックポイントとして参考にできる本です。が・・・思い当たることがけっこうあったので私の心は血だらけです(涙)

    「行けたら行く」は迷惑とか、「グラタンがいい」と「グラタンでいい」は大違いとか・・・今どきのコミュニケーションを学ぶのに最適な本だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月27日

    教育学者の齋藤孝が、「余計な一言」を言わないためにどうすれば良いかを指南した一冊。

    メディアに多数露出し、また自身の経験などを元にしているだけあって説得力があった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月19日

    たくさんの失敗例が秀逸です。少し誇張されていますけど、非常に分かりやすかったです。
    自分も、ついうっかり使ってしまっているのでは、と怖くなってしまいました(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月30日

    内容は分かりやすいし、文章も読みやすい。読者の誰もが、あるあると言いたくなるような事例が満載で、理解の助けになる。自分が無意識のうちにこういう言い方をしていないかと振り返ることが大切だなぁ、とつくづく思った。読書レビューに関する記述を見て、自分はどうかと、誤読はしていないかを再考する必要性を感じた。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月12日

    題名がすべてを語っている…(笑)
    齋藤先生も、けっこうやらかしちゃいましたね…
    という、体験に基づく反省がそこそこから感じられます。
    おっと、これこそ「余計な一言」か!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています