バッカーノ! 1705 The Ironic Light Orchestra

バッカーノ! 1705 The Ironic Light Orchestra

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1705年、イタリア地方都市。15歳の誕生日を迎えたヒューイ・ラフォレットは人生に退屈し、同時に絶望もしていた。全てに無関心で世界の破壊のみを考える少年が住むこの街では、奇妙な連続殺人事件が起こっていた。噂されるのは白い仮面を纏った『仮面職人』という怪人の存在。目撃者は次の被害者になるという。 街が不穏な空気に包まれていく中、ヒューイの身辺に新たな異分子が入り込む。錬金術を教える学舎の同窓であり、ヒューイに恋心を抱くモニカ。『仮面職人』を目撃して殺されることを諦観しているニキ。そして、全ての人の幸せばかりを願うエルマー。彼らと連続殺人事件が絡み合う時、ヒューイの「世界」は変わるのか──。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2015年01月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB
    購入済み

    期待していた以上の予想外のオチ

    シナモン 2017年03月09日

    いつものメンバー以外の話も多く入っていけるか心配でしたが新しい人物にもすぐに魅入られてしまいました…!
    ヒューイとエルマーの出会いがメインのお話ですがいろいろと驚かされることがたくさんあります。最後の最後に、え!?お前…!となることは間違いないと思います。誰か気づいた人はいるのだろうか…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月01日

    バッカーノ11冊目

    バッカーノはエルマーが出てくると格段と面白い気がする(俺が好きなだけかもしれないが・・・・・)

    エルマーの正常でいて異常なところは、読みごたえがある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年04月29日

    成田さん風のジュブナイル小説ではないでしょうか。
    ヒューイが周りの面々に比べるととても「普通の子ども」で、この少し捻くれた天才少年が、どうしたら自分の娘でさえも実験動物だと言い切ってしまえるようなマッドサイエンティストになってしまうのか。いずれ描かれるだろうその過程が楽しみでもあり、恐ろしくもありま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年11月30日

    キャラクターが個性的でよかった。魔女狩り・奴隷・薬、中近世ヨーロッパの負の時代をバックグラウンドに物語が紡がれる。人間は自分たちの「安全」のためなら、狂気じみたことをさもこの世の真理であるかのように行うことができるという歴史的事実に、末恐ろしさを感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年10月12日

    ヒューイがメインで個人的に嬉しかったです。
    ヒューイとエルマーがいいコンビですね。
    ラストは何度どんでん返しを発動するのかと思うほど衝撃的です。
    もう成田作品は「なにか来る!」と思いながら読まないと・・・笑
    2000年編にもつながる大切な物語です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年02月23日

    ヒューイとエルマーの幼少(?)編。
    いや、充分考えも態度も大人(より変)です!!
    でも、そこが辛抱たまらん!笑顔は良いよね!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月16日

    中心はなんといってもエルマー!
    エルマーが登場するだけでテンション上がる。
    エスペランサとの会話が楽しい。
    犯人・犯行動機を探るミステリーとしても面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月01日

    ヒューイとエルマーの出会い

    特殊な街の隠れた学舎で錬金術を学ぶ少年少女達
    自分自身を含めて世界を憎むヒューイと、ヒューイに片想いしているモニカ

    殺人鬼『仮面職人』を目撃したものは殺される…街ではそんな噂が広まっていた
    街の領主・エスペランサの友人エルマーが「存在しないはずの人間」ニキを救う

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月19日

    エルマーとヒューイとモニカの子供の頃のストーリー。
    2000年代、1930年代を先に読んでいたので、ヒューイの存在が割と謎だったが明らかとなる作品。
    あいかわらずの読みやすさとどんでん返しとで、さくさく読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月01日

    バッカーノの中では面白い方だと思う。わたしの好きな彼はでてこなかったけど(^O^)
    ヒューイとエルマーの出会いのお話。昔のイタリアってこんな感じだったのかなー。イタリア行きたいイタリア!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています