フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(17)

青年マンガ13位

  • NEW
  • 最新刊

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(17)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

病理医とは、直接患者と会うことなく病気の原因を調べ診断を下す医者だ。同僚の医師は岸京一郎についてこう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と。間瀬が企てた吸収合併により、古巣・アミノ製薬に復帰した火箱。彼女は、経営改革によって変わり果てた社内に衝撃を覚える。創薬の理想と経営の野望が絡み合う番外編「アミノ製薬編」と岸先生が慰安から逸脱していく「慰安旅行編」を完全収録!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2020年03月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
69MB

新刊オート購入

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(17) のユーザーレビュー

    購入済み

    間瀬さん最強すぎ問題

    gomu.tuketeyone 2020年03月28日

    今から思えば4巻でよくこの間瀬さんに一矢報いれたなってレベルの強さ
    間瀬さんと間瀬子で日常スピンオフお願いします

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    2020年03月25日

    慰安旅行が雰囲気変えすぎて面白かった

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い!

    おしめ 2020年03月23日

    医療系のマンガ大好きで、
    病理のことをが詳しく知れてとっても楽しいです!
    毎回発売が楽しみです!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2020年03月29日

    製薬業界の仕組みがよくわかる17巻。元MRで現総務部の火箱が問題解決に向けて愚直に進む姿を描く一方で、元本部長で現ヒラの悪魔の製薬屋、間瀬が暗躍する。慰安旅行編が面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    面白い

    kei 2020年04月02日

    病理医の話でしたが、MRなどの裏とか仕組みがわかってたのしい。複雑な過程や人を介して医療は成り立っているなぁと改めて思いました。その中て゛職人気質って倫理的に大切だときづきました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    漁夫の利

    たろ 2020年04月01日

    毎度外さないですね。普段知られることのない製薬業界と医療の現場の裏側で繰り広げられる人間ドラマ。業界に鋭いメスを入れつつ、笑いもあり。登場人物が多いけど、それぞれにキャラがたってて、面白く時間がたっても覚えてる。今回も火箱ちゃんが活躍するも、間瀬さんが‥‥。やっぱりこれはやめられないなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    製薬がメインの巻。慰安旅行回以外は岸先生の出番無し。外伝に近い感じ。
    とはいえ話自体は面白く、製薬会社の動きは確かに現実でもありそうだなあ、と。
    (製薬会社の大規模リストラが~というのを、よくニュースで聞くようになったし)

    そして相変わらずだいたい全部持っていく間瀬さんのジョーカーっぷり。

    このレビューは参考になりましたか?

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 のシリーズ作品 1~17巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~17件目 / 17件
  • フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(11)
    名探偵とは、直接犯人と争うことなく事件の原因を調べ謎を解く探偵だ。かつての部下は間瀬辰人についてこう語る。「メディシン吸血鬼と恐れられた漆黒のギリギリサラリーマン」と――。雑誌掲載時に大反響を呼んだハードボイルドミステリー番外編を収録。かつて新薬「JS1」をめぐって岸と対決した傑物がカムバックする!
  • フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(12)
    「本物の病理医」とは何か。医師と技師、師と弟子、かけがえのない戦友とともに病気と向き合う中で医力は磨かれる。新人病理医、今こそ羽化の時!
  • フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(13)
    泌尿器科・大月から、宮崎への奇妙な病理診断依頼。それが宮崎の、移植治療にそびえ立つ「壁」とのファースト・コンタクト。自己矛盾するガイドライン、患者と家族の希望、低迷する移植件数、暗躍する特別査察官。病理医・岸京一郎は、いかなる診断を下すのか!? 腎移植手術編、スタート!
  • フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(14)
    特別査察官からの執拗な圧力に対抗して、病理医・岸京一郎は「あの男」と手を組む!臨床と病理の連携で、移植治療にそびえ立つ「壁」に挑む医師たち。雑誌掲載時から話題を呼んだ腎移植治療編、決着!宮崎不在の病理部を描いた、病理学会編も収録!
  • フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(15)
    病理医とは、直接患者と会うことなく病気の原因を調べ診断を下す医者だ。同僚の医師は岸京一郎についてこう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と。患者・作山紀子の標本を見た、岸の指摘。それにより、大家族である作山家と未来の医療が出会うことに!医療は、病理は、ゲノム(遺伝子)に行き着いた。これまで不可能だった治療が、可能なものになる可能性が見えてきた。すべてが実現するのは100年...
  • フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(16)
    病理医とは、直接患者と会うことなく病気の原因を調べ診断を下す医者だ。同僚の医師は岸京一郎についてこう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と。ゲノム医療を扱った「未来は始まっている編」クライマックスへ!患者・作山紀子の願い。紀子の孫・郁の祈り。担当医・稲垣の焦燥。研究者・、円の矜持。製薬会社・間瀬の捲土重来。すべてが「JS1」に繋がっていく。そのとき、病理医・岸京一郎は未来...
  • フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(17)
    続巻入荷
    病理医とは、直接患者と会うことなく病気の原因を調べ診断を下す医者だ。同僚の医師は岸京一郎についてこう語る。「強烈な変人だが、極めて優秀だ」と。間瀬が企てた吸収合併により、古巣・アミノ製薬に復帰した火箱。彼女は、経営改革によって変わり果てた社内に衝撃を覚える。創薬の理想と経営の野望が絡み合う番外編「アミノ製薬編」と岸先生が慰安から逸脱していく「慰安旅行編」を完全収録!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見 に関連する特集・キャンペーン