どんぐりの家(1)
  • 完結

どんぐりの家(1)

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

田崎夫婦に圭子という女の子が誕生した。しかし発育が悪く、言葉らしい言葉を喋らない圭子に不安を抱いた母親は、2歳3か月になった圭子を医者に連れていくことにする。そこで圭子には知的障害と聴覚障害があると診断され……(第1話)。▼4歳になった圭子は、両親と共にろう学校の幼稚部に通い始める。同じクラスに清という少年がいたのだが、ある日ぱったりと登校しなくなってしまった。そして一週間後、再び幼稚部に現れた清と母親は……(第2話)。▼自分でスプーンを使って食事ができるようになった圭子。一方、清の家では、清を施設にいれようという話が持ち上がる。しかし夕焼けを見ようとしている清を見た母親は、もっと清と話をしてみたいという気持ちになる。その夜、家族で話し合い、清を施設には入れないと宣言する(第3話)。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミック
ページ数
222ページ
電子版発売日
2014年12月15日
コンテンツ形式
EPUB

「どんぐりの家(1)」のユーザーレビュー

全ての方に読んでいただきたい本

ミミ 2016年10月28日

勤務先だった小学校に置いてありました。
【障害】について色々な側面が分かる本で、是非色々な場所に置いてほしい本です。

今自分が障害者になり、見えない障害の為、周りへの理解を求める事に苦悩してます。
…理解はほとんどされません。体験した事の無い人には家族ですら理解出来ないです。
家族は良か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月18日

涙なくしては読めない!!!
みんなが必死に生きているっていのがわかる。
そして、現実の厳しさもわかる。

母の本なのに、今は私の本棚にあります・・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年02月10日

小学生の時に父親の本棚からとってきて読む。それから勝手に自分の本棚に置いたほど。
父も同じく養護学校教員だったので、尚更引き込まれたのかもしれない

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2005年11月18日

映画化もされました!
ビッグコミックで話題になった作品。
私は、この作品のもととなった「どんぐりの家」にも行ってきました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月24日

ろう重複障害施設『どんぐりの家』ができるまでをたどった実話。今でこそ障害者にたいしても対等になったが、一昔前はなかなか厳しい時代背景だったことが伺える。この本を通して、もっと多くの人たちが障害を知り、社会が変えられていくべき。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「どんぐりの家」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,646

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!