親子の肖像 アナザーフェイス0

親子の肖像 アナザーフェイス0

作者名 :
通常価格 600円 (546円+税)
紙の本 [参考] 605円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

最愛の妻・菜緒を亡くし、自分の中の大きな「軸」を失ってしまった大友鉄――。捜査一課の仕事と子育ての狭間で新たな人生のスタートを切る。子どもの人質立てこもり事件に巻き込まれる表題作、“完落ち”したはずの供述の真相に迫る「見えない結末」ほか、若き日の大友鉄の活躍を描く、「アナザーフェイス」シリーズの特別外伝!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
305ページ
電子版発売日
2014年10月24日
紙の本の発売
2014年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

親子の肖像 アナザーフェイス0 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    外伝。大友の今に至る?が短編でそれぞれ面白かった。シリーズコンプリート!と思ったら…まだ9があった。そのうち見つけて読もうっと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月19日

    そして、0を拝読。
    奈緒の事故のことをもっと深く描くのかとおもいきや、そこはさらっと。

    どの話もやめられないほど面白い。

    ここからの15年。
    奈緒は天国から見つめている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    「アナザーフェイス」シリーズは読んだことがないが、大友刑事のあったかい人柄が伝わってくるとても素敵な話だった。
    上司の福原さんも素敵♪
    シリーズ本編も是非読んでみたいと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月22日

    車内吊りか何かで見て。

    シリーズ物にありがちな変化をつけるための短編集だが、
    シリーズ開始前の主人公の姿が描かれていて良い感じ。
    ぎゅっと詰まっているが、
    でも隅までぎゅうぎゅう詰めではない、あたりが。

    山場の奥さんが亡くなったあたりも、
    悲しみがあふれているものの、
    センチメンタルになったり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月06日

    アナザーシリーズの短編、しかもエピソード0。亡くなった奥さんとの出会いなどは書かれてないけれど、息子が生まれて、妻の死、異動までが事件に絡めて書いてあります。コンパクトにまとまっていて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月18日

    アナザーフェイスシリーズの原点と言えるシリーズ0という短編集で、大友鉄という人の深層心理を読み解く洞察力に秀でた主人公が捜査一課の有能な刑事から、妻の突然の死によって、育児に励むことを決意して刑事総務課に異動になったものの育児と捜査一課の刑事への未練という狭間に揺れる姿が良かったです!
    これからシリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月07日

    アナザーフェイスのいわゆるエピソード0ということになるのか。
    全体的に家族の話が多く、優しく温かい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月13日

    アナザーフェイスシリーズの外伝。
    まだ奥さんが生きていて、大友が刑事で、息子が産まれる前から始まり、刑事総務課に異動になって操作のサポートをするようになるまでの軌跡を短編で追っていく作品です。
    事件のバリエーションが豊富で、このシリーズは短編の方が向いているのではと思わせる充実した内容でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月27日

    この前に読んだアナザーフェイスシリーズの3が、イマイチ?
    特別外伝ともいうべき本作は、と読み始めたがが、期待通り、短編ながらもかなり読ませる優れものばかり。
    やはり、アナザーシリーズは捨てがたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月11日

    アナザーフェイスの前日譚ですね。大友が幸せなころの姿、そして、大友が父子家庭になってしまい現在の刑事総務課に異動する経緯が描かれている。

    刑事総務課に異動する前は、バリバリの第一線で活躍する刑事だったんですね。もっとも、その頃から、人の話を引き出す能力の片鱗は見せていたようですが。

    なるほど、こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

親子の肖像 アナザーフェイス0 に関連する特集・キャンペーン