誰が本当の発明者か 発明をめぐる栄光と挫折の物語

誰が本当の発明者か 発明をめぐる栄光と挫折の物語

作者名 :
通常価格 1,034円 (940円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

発明の歴史は「人と金と裁判の歴史」だった。技術開発史を彩る発明者たちの本家争い。●エジソンは白熱電球の25番目の発明者!? ●ワットは単なる改良家!? ●アークライトは発明の盗人!? ●2時間差でベルに敗れた男とは!? ●高峰譲吉はなぜ「発明者」になれなかったか!? ●青色発光ダイオードの本当の発明者に決着!? 赤崎勇、天野浩、中村修二――2014年のノーベル物理学賞の受賞で世界が認めた! 世界を変えた偉大な20の発明の謎に迫る!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
ページ数
272ページ
電子版発売日
2014年10月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

誰が本当の発明者か 発明をめぐる栄光と挫折の物語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年05月24日

    [ 内容 ]
    エジソンは白熱電球の25番目の発明者!?
    ワットは単なる改良家!?
    アークライトは発明の盗人!?
    技術開発史を彩る発明者たちの本家争い。

    [ 目次 ]
    序章 なぜ発明者の特定がむずかしいのか
    第1章 発明か改良かをめぐる攻防
    第2章 特許裁判が分けた明暗
    第3章 巨人の影に泣いた男た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月07日

    特許の重要性を認識することを目的に読みました。
    特許の歴史ってかなり深いんだということを知りました。かのリンカーンが特許申請していたとは。

    あと、この手の本を読むほどエジソンのイメージが崩れていきます。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月20日

    発明品について誰が本当の発明者と呼べるのか?について書いた本発明をする人の人柄とか人間らしさがおもしろいですあと 国と国との力関係とか

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

誰が本当の発明者か 発明をめぐる栄光と挫折の物語 に関連する特集・キャンペーン