妖怪学の祖 井上圓了

妖怪学の祖 井上圓了

作者名 :
通常価格 1,496円 (1,360円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

狐憑きなどの怪現象が頻発した明治時代。哲学者の井上圓了は、それらに合理的な道筋をつけることが哲学普及につながると奔走。哲学館を開学して「妖怪学」の講義を行い、膨大な怪異談を収集した。初の評伝!
※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川選書
電子版発売日
2014年10月23日
サイズ(目安)
11MB

関連タグ:

妖怪学の祖 井上圓了 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年07月04日

    井上圓了って名前よく聞くけどあんまりちゃんと知らないな、と思って手にとってみた本。
    妖怪学って妖怪の迷信を打ち払うために始まったんだとか、でもその中に「真怪」がある可能性は否定していないとか、某ラノベの設定って結構事実に即してるとこあるんだねーとか思いつつ流し読んだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月21日

    タイトルが妖怪学の祖となっているが、哲学者・宗教学者・妖怪学者として突き進んだ偉人のお話。
    妖怪学者といっても、妖怪として信じられている迷信を打破することに邁進した学者で柳田国男とは対極の存在。

    とにかく幕末〜明治時代の人の話はどれを読んでも凄い。
    活力と不屈の精神に圧倒される。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川選書 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング