オテル モル

オテル モル

451円 (税込)

2pt

「悪夢は悪魔」の合言葉のもと運営される会員制地下ホテルで働きはじめた希里。「最高の眠りと最良の夢」を提供すべく「誘眠顔」である彼女の奮闘が続く。リハビリ施設に入院中の双子の妹に代わり、小学生の姪と、かつて恋人であった義理の弟とともに暮らす希里が働き始めたのをきっかけに、彼ら三人にも変化がみえてきたころ、妹の沙衣の退院が決まる。直後、事件は起きてしまう――。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

オテル モル のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    『約束もしないで誰かをひたすらに待ち続ける』

    不思議。と一言で片付けて仕舞えばこの物語は終わってしまう。

    ただ素晴らしい眠りを提供するためだけに作られたオテルは、客従業員全員が心から安眠快夢を望み、それぞれの思考に影響を及ぼすくらい不安定なバランスで成り立っている。

    主人公はまるで自分は無害で

    1
    2018年06月26日

    Posted by ブクログ

    表紙を見る限りのんびりとしたお話なのかと思いきや
    とんでもない波瀾万丈が起こっていた
    あっという間に読み終えるほど続きが気になり引き込まれる
    テレビ東京系ドラマ24でやってそうな物語でした、むしろやってほしい!!
    主演は永野芽郁ちゃんがいいな
    でも読み終えた日の夜悪夢みたの解せない

    0
    2024年03月22日

    Posted by ブクログ

    好きすぎて、読むのもったいなくてゆっくり噛み締めながら読んだけど
    さくっと読めちゃいます。

    偶然にも正反対姉妹のストーリーを2冊読み終え、展開的にも胸焼けところのこの本でした。

    つらくない。

    たくさんの描写があるわけじゃない。
    でもそのほうが読み手によってどうとでも捉えられる。
    そんなところが

    0
    2022年07月03日

    Posted by ブクログ

    さすがの栗田さん!面白かった!!!
    この独特の空気感がたまらない。日常なのに非日常!
    最後の解説がまた的確に言葉をひろえていて脱帽。目的がなくてもしっかりと自分の手で生きてく主人公たち。
    ホテルで働きたくなった。主人公のお客様に対する真摯な姿勢がとても好感がもてるし、こんな風に相手のことを思いながら

    0
    2014年03月02日

    Posted by ブクログ

    とても日常的で、ふつうにあり得そうなのに、よく考えてみると、非日常的な世界。そのバランスがたまらなかった。

    0
    2014年02月19日

    Posted by ブクログ

    とてもファンタジックな不思議なホテルが舞台で、登場するキャラクターもみんなちょっと浮世離れしてる。でも主人公はそんな中でも少し人間臭くてかわいい。このふわふわとした世界観にどっぷりハマってしまいました。

    0
    2014年01月24日

    Posted by ブクログ

    初めて読んだのは雑誌に載ったときで
    それからずっともう一度読みたいと思い続けてて、漸く文庫を発見した。

    主人公は自分と姪と義理の弟であり元彼である姪の父との3人暮らし。
    就職したのは地下深くに建てられたオテル。
    そのオテルは位置づけにはビジネスホテルでありながら、眠るためだけに存在している

    0
    2013年12月03日

    Posted by ブクログ

    オテル ド モル ドルモン ビアンという不思議な空間が結構簡単に想像できて面白かった。こういう摩可不思議な雰囲気が漂う小説は心地が良いわあ。

    0
    2011年11月25日

    Posted by ブクログ

    ”音楽で耳を塞がれていると安心する。音だけの世界は静かなのだ”
    20代で私もこの経験をした。
    爆音で音楽を聞いていたかったのは、静かな世界にいたかったからだ。
    外の世界と切り離した場所へ行きたかったからだ。
    うっすら気付いていたはずだけど、はっきり気付くのに随分時間がかかった。

    ”人は暗闇の中では

    0
    2024年02月12日

    Posted by ブクログ

    オテルの設定だけでも興味をそそられる。
    眠りについての持論もハッとさせられる。
    加えて私生活は特殊で、ここでも引き込まれる。
    絵本のような柔らかな文章で、内容は個性的。
    不思議な感覚になるお話だ。

    0
    2023年11月15日

オテル モル の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

栗田有起 のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す