お縫い子テルミー

お縫い子テルミー

作者名 :
通常価格 421円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

依頼主の家に住み込み、服を仕立てる「流しのお縫い子」として生きる、テルミーこと照美。生まれ育った島をあとにして歌舞伎町を目指したのは十五歳のとき。彼女はそこで、女装の歌手・シナイちゃんに恋をする――。叶わぬ恋とともに生きる、自由な魂を描いた第129回芥川龍之介賞候補の表題作。アルバイトをして「ひと夏の経験」を買う小学五年生、小松君のとぼけた夏休みをつづる『ABARE・DAICO』収録。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
216ページ
電子版発売日
2014年10月03日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2013年07月27日

なんと気持ちのいい小説か。人は強いとか弱いとか、そんなことはまったく重要ではなくて、いることだけがすべてなのだと感じた作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月19日

テルミー、シナイちゃん。

いい。

昭和の感じ、
テルミーの持つ諦めと強さとポジティブさの気持ちいいバランス、
会話、
シナイちゃんの突き抜け感、
嫌なヤツが出て来ないところが好き。

これからのテルミーも知りたい。
読んでいて楽しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月11日

15歳で歌舞伎町で働きながら、服を仕立てる「流しのお縫い子」をしているテルミー。
飾りなく、リアルで、かわいいとゆう感覚からではないけど、すごく少女性の強い空気が充満していました。

簡潔な文章なのに詳しく説明されるよりその部屋の空気も広さも
臭いも伝わってきすぎて、時に息苦しく、時にとってもリラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月28日

稀有な本。
人生に立ち止まった時読みたくなります。
まっすぐ ひたすらまっすぐ。

作者の主人公を見守る目も温かい。
物語の温度もすてき。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月08日

何回も読んでる好きな本

文章と話しの進み方が凛としていて読んでいて気持ちがいい
栗田さんの話しは立ち上がりがきれいと解説にあるけどまさしく!
すっと物語がはじまりすっと終わる。

すてきな布をポケットに入れておくとこや、布に魅入られながらちくちくやるとこ、すごく好き

表紙は花柄の布プリントなのに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています