戦前日本の安全保障

戦前日本の安全保障

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日露同盟か、日米提携か、集団的相互安全保障か、それとも――。第一次世界大戦以降、日英同盟が空洞化し、中国をめぐる欧米との軋轢が進むなか指導者たちが描いた外交構想とは? 山県有朋、原敬、浜口雄幸、永田鉄山という大戦間期を代表する4人の世界戦略を読み解く。現代の安全保障を考える際の手がかりとなる一冊。(講談社現代新書)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
296ページ
電子版発売日
2014年08月22日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2014年07月15日

戦前、特に両大戦間期の日本の安全保障構想はどうだったかってのを山県有朋、原敬、浜口雄幸、永田鉄山の四人をあげて検討する。
全体の説明がくどいぐらいのところがあって、そこはおつむのそんなよくないおれには理解するのにありがたい。
明治末の山県有朋は欧米列強による中国分割を避けて保全しつつ、日本の影響化に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月24日

さすが、川田さんという感じ。

欲を言えば、もっと史料引用を原文でしてほしかった(新書という性格上、仕方ないかもしれませんが)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月01日

永田鉄山の現状認識は恐いくらい正確。でも、不可避な戦争に国家総動員で立ち向かうべく中国の資源を確保する(そのためには領有も辞さない)しかなかったのだろうか。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月18日

 山県有朋,原敬,浜口雄幸,永田鉄山の四人を軸に,WWIからWWII前夜にかけての日本の安全保障構想を見ていく。特に山県と原,浜口と永田の間で国際関係をどう眺めるかという視点の違いが際立つ。著者はこれまでにもこの四人についての著書を何冊もものしているようで,各人の思想についての深い洞察が感じられる。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月20日

山県有朋、原敬、浜口雄幸、永田鉄山の安全保障構想についてそれぞれ述べられ、比較している。

比較が適切かと言われれば、なかなか難しいが、この手の切り口で、わが国の戦前の安全保障について、歴史を元に述べられているのは珍しい。個人的には、面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play