価値観再生道場 本当の大人の作法
  • 値引き

価値観再生道場 本当の大人の作法

作者名 :
値引き価格 576円 (524円+税) 9月24日まで
通常価格 1,152円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

上から目線、揚げ足とり、バッシング――さまざまな「言葉」が氾濫するソーシャルメディア時代、人と人が本当につながるために必要な大人の知的作法とは? 「言葉」の攻撃性に振り回されず、自分の「物語」を獲得する方法を、思想家・武道家の内田樹、精神科医の名越康文、作家の橋口いくよが語りあう。雑誌『ダ・ヴィンチ』連載「価値観再生道場 これなんぼや?」の書籍化第2弾。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
ダ・ヴィンチブックス
電子版発売日
2014年08月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

価値観再生道場 本当の大人の作法 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    思想家・内田樹、精神科医・名越康文、そして作家・橋口いくよの三人による『ダ・ヴィンチ』連載の鼎談を書籍化した一冊。(内田センセイの「思想家」という肩書きは初めて見たが、大学教授を退官されたからなんだな。)様々な話題に切り込んで、普段思っていても言葉にできないようなことを巧みな表現で表してくれるのは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月08日

    今まで自分の中でモヤモヤしていたこと、わからなかったけれどほったらかしにしていたこと、そこに真っ直ぐに向き合って下さるお三方の会話が心地よい。テンポ良い文章はもちろんのこと、わかりやすいようでどこか不思議さを感じさせる例え話に引き込まれる。帯の何倍も価値のある中身に思えた。むしろ、帯はいくらかチープ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月16日

    敬意の贈与。

    内田樹さん、名越康文さん、橋口いくよさんの3人による対談形式です。価値観再生道場という名前の通り、現代の人々の「価値観」について見直そうとしています。

    個人的には名越康文さんは知性と個性が強すぎて、私の勉強不足ですが「何を言っているのか分からない」状態がありましたが、本書の筋で言う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月21日

    3人の対談をまとめたもの。

    ・悪意は嫉妬からくるもの。嫉妬する人は「あいつは俺と条件は変わらないのにいい思いをしている」という風に相手と自分を同化していることがある。「似ている・近い」っていう感覚は危険。

    ・定型圧力の凄まじさ。あの中に自分の欲しいものがあるに違いない!よりは情報の中に欲しいもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月18日

    テーマごとに読んだ。なるほど、世の中をそんな風にも見ることができるのかという発見がある。3人のテンポが心地よい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月18日

    右肩上がり の 幸福という
    呪縛 から 逃れる 方法
    自分が 何かして それに対して いろいろな人 から いろいろなかたちのリアクションが 返ってくる そういう 関係の中に いるのが 豊かさ という 事

    同化し 一体化幻想から はじまり
    嫉妬 バッシングに 繋がる
    今の自分に満足していない
    不満...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月24日

    上から目線、揚げ足を取る、人を叩く
    そういう人が多い世の中で
    取るべきスタンスはどういものなのか

    3人での会話形式の文章がとても分かりやすく
    すっとお腹の中に落ちてきます。
    結果的に答えが出ない問題もありますが、
    じっくり自分の中で考える良い機会になるかと思います。


    上記のような 大人げない ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月30日

    "愛"は危ない。いいものだと思い込んでいると、気づかず危ない方向に進んでいるかも?確かに執着心が強くなってしまうと、余計なことに嫉妬している気がする。そして、そんな自分が醜いことにも気づいてしまう。わからないこと、知ろうとしないこと、素直に敬意をもてたら楽しいだろうなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月27日

    雑誌「ダ・ヴィンチ」での対談を書籍化した第二弾。三者三様のキャラクターで語る「大人の知的作法」。名越さんが終始興奮気味なのが微笑ましい。「ウチダ先生、こうですよね!?」みたいに食いつくと橋口さんが「それは、こういうこともありますよね」と落ち着いて受け、内田先生が「それはつまりね」と締める。あたたかい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月31日

    はじめのほうのページであれ…?と語り方に引っかかるのだが、すぐに「揚げ足をとらない」(55)という言葉で反省させられてしまう。そしてそのまま「言葉の飲み下し」(64)「うどん」(100)というとおり、ほとんど有無を言わさぬテンポで読まされる。

    そうそう、ほんとうに、内容じゃなくて、文体や語り方なん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています