トカゲの王I ―SDC、覚醒―
  • 値引き

トカゲの王I ―SDC、覚醒―

作者名 :
値引き価格 181円 (165円+税) 12月22日まで
通常価格 605円 (税込)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

俺はこんな所で終わる人間じゃない。その他大勢が強いられる 『普通の人生』 から逸脱した、選ばれし者なんだ。 俺に与えられた能力 『リペイント』 は、インチキめいたまがい物。でも、俺には世界を“塗り替える”資格がある。このインチキこそ、俺の力なんだ。 どこまでもなにもかも騙し抜く。まず手始めに、俺自身も騙す。そして、目の前に立ちはだかる不気味な殺し屋どもから必ず逃げ延びてやる。 だって、俺は。『最強』 なんだから。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2014年08月16日
紙の本の発売
2011年07月
サイズ(目安)
8MB

トカゲの王I ―SDC、覚醒― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    最高の厨二病

    シキ 2020年06月17日

    入間人間の世界観が満ち溢れた最高の厨二病の物語。
    能力モノでありながら、一風変わった能力しか出てこない。
    さすがの描写力。

    0

    Posted by ブクログ 2012年04月04日

    長いプロローグといった感じ。

    入間さんらしく歪みハンパない。自分的には面白く読めた。

    ナメクジかわいい☆

    0

    Posted by ブクログ 2011年08月03日

    ひらたく書いちゃうとおもしろくないんだけど、やるだろうと思ったことが期待以上に実現されてたので、個人的には高評価な作品となりました。

    主人公がもっている能力自体は非日常の異能力なのですが、これを元に発揮する力というのは非常に現実的です。その気になれば誰にだって彼の能力を現実に引き出せちゃうし、実際...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2011年07月20日

    おもしろかったです。読みにくかったけど…
    ヒロインの悪女っぷりが突き抜けている話。
    主人公が(物理的に)ボッコボコにされるのが好きな方はぜひ。

    0

    Posted by ブクログ 2011年07月17日

    さすが入間さん、狂いっぷりに味があるし遠慮がない。それでいて一定のラブ要素も散りばめてって、みーまーに近い遠慮なさを感じた。たんなる厨二物語にはならないだろうという期待があるのだった。きっとまだ出番が少ない、のっぺりな成美さんが活躍してくれることも期待。
    でもちょっと時間軸で混乱したのでもっかい読み...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2011年07月12日

    とりあえず今後に期待。
    いや、一巻も面白かったんですが、主人公の能力がどうなっていくのかとか、巣鴨がどう可愛いのかとか、気になります。

    0

    Posted by ブクログ 2014年04月16日

    肉が切れるとか血がぐちゃぐちゃとか
    そういう話はあんまり得意じゃないんだよなあ(´ ` )
    ミステリとかはいいんだけども〜

    とはいえ、主人公の能力の行く末は
    なかなか面白そう( ̄▽ ̄)

    0

    Posted by ブクログ 2011年11月16日

    相変わらずの場面転換の多さで、状況を理解するのが難解。そしてちょっと能力とかの設定も少し曖昧だったりするがまぁ相変わらずだった感じ。続きが出るらしいがどうするのか予想がつかない。

    0

    Posted by ブクログ 2012年03月29日

    入間作品ぽい主人公じゃないなーとか思ってたら全然そんなことなかった。ヒロインも然り。歪みねぇ。いや歪んでるけど。とりあえず非現実を望んでる厨2病のお前らに告げる!それが現実になったらこうなるんだぞ!って感じだよね。ひー怖い。物理的に痛々しい作品でした。

    0

    Posted by ブクログ 2013年10月19日

    “もういい、もう嫌だ。もう、死にたく、ねぇよぉ!
    埋め尽くしていた光が彼方へ消え去り、現実が向こうに映る。
    「うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
    悲鳴を堪えて下唇を噛み続けると唸り声のようにも聞こえた。その声に同調するように眼球の色を変化させる。視線と意識を額の前へ強く押し出すイメージを持って、アメンボを睨...続きを読む

    0

トカゲの王 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • トカゲの王I ―SDC、覚醒―
    値引き
    俺はこんな所で終わる人間じゃない。その他大勢が強いられる 『普通の人生』 から逸脱した、選ばれし者なんだ。 俺に与えられた能力 『リペイント』 は、インチキめいたまがい物。でも、俺には世界を“塗り替える”資格がある。このインチキこそ、俺の力なんだ。 どこまでもなにもかも騙し抜く。まず手始めに、俺自身も騙す。そして、目の前に立ちはだかる不気味な殺し屋どもから必ず逃げ延びてやる。 だって、俺は。『最強』 なんだから。
  • トカゲの王II ―復讐のパーソナリティ<上>―
    値引き
    世界を塗り替えるはずだった俺の野望は、右目と共に消失した。 あの日、ビルの最上階で 『神様』 の少女に勝負を挑んで、あっさり負けた。もう二週間ほど前の話だ。 そして俺は ── ヒキコモリになった。 ん? 世界を支配? できるわけねーだろそんなの。あんな殺し屋どもに、なんで太刀打ちできるんだ。中二なめんな。 だけど明確に分かったことがある。敵はあの 『神様』 だ。いつか、この左目 ── 『リペイント』 を、『神様を倒す能力』 にしてみせる。 ……そしてもう一つ気づいたことがあった。この力は戦うことに向いていない。 だから、俺はもう戦わない。 そうして自室でこっそり復活を目論む俺だったが、なぜか目の前にエロい巣鴨とエロいDVDが!? 意外な展開が待ち受ける学園異能第二弾!
  • トカゲの王III ―復讐のパーソナリティ<下>―
    値引き
    生きている間に関わることなど無いはずのカルトな闇社会。その 『会場』 から、俺はどうにか逃げ出すことができた。しかし、俺の受難はまだ続く。再び監禁され、今度は謎の金髪少女と共に脱出経路を探る羽目に。そんな俺の知らぬ間に、最強の能力者カワセミは巣鴨とコンビを組み、美人殺し屋のナメクジは鹿川成美と行動を共にする。白ヤギまで動きだし、復讐というパーソナリティは、螺旋を描いて中心点へと落ちていく。この中で、生き残るのは誰か。それはもちろん、俺 ── であって欲しい。 俺の願いを巻き込んだその渦が行き着いた先は、俺や巣鴨が通う学校の文化祭会場だった。カルトな闇社会を牛耳る教祖による 『儀式』 が開かれる場所。教祖様を 『神』 とあがめ奉る空間で、俺は、一生忘れられない経験をする。
  • トカゲの王IV ―インビジブル・ライト―
    値引き
    自身の目の色を自在に変える、ただそれだけの偽りの力 『リペイント』 で、偽りの 『王』 を演じた五十川石竜子。 彼は、カルト宗教教祖の少女・シラサギを打倒するため、同じくカルト宗教団体で教祖が不在となった 『ニュートラル友の会』 の制覇に乗り出した。 新教祖を名乗って布教に励むトカゲ。そんな彼の前に、復讐対象であるシラサギがやってくる。彼女の目的は、トカゲとのデート!? 一方、もう一人の復讐者・殺し屋ナメクジは猪狩友梨乃との奇妙な付き合いに辟易していた。他人の考えを読む友梨乃に苛立ちを覚え、限界を感じていたそのとき『最強の殺し屋』 の一人、ミミズが襲来する。 能力を持たないナメクジは、懸命に逃げようとするが、その先にデート中の少年少女がいて……。
  • トカゲの王V ―だれか正しいと言ってくれ―
    値引き
    カルト集団のトップを狙う五十川石竜子は、読心能力を持つ猪狩友梨乃と初デートに挑む。 『見えざる右手』を得たナメクジは、再び殺し合いの世界に身を投じる。その最初の相手は、クモと呼ばれる能力者だった。 なにかを企むシラサギは、『会話』を失い、そして読心能力を得た鹿川成実と接触をはかる。 そんな四人に加えカワセミと巣鴨涼も巻き込んで、トカゲが目指す『王』への道は、光と闇を抱えて広がっていく――。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

電撃文庫 の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング

トカゲの王 に関連する特集・キャンペーン