エドワード・ルトワックの戦略論

エドワード・ルトワックの戦略論

作者名 :
通常価格 2,808円 (税込)
獲得ポイント

14pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

“汝、平和を欲するなら、戦いに備えよ”
軍事戦略論の世界的名著ついに完訳!


日本人にとって最高のバイブル
──野中郁次郎氏(『失敗の本質』共著者/富士通総研理事長)

「平和を欲すれば戦争に備えよ」という逆説に込められたメッセージほど、現在の日本で軽んじられているものはない。未来の戦争に備えるには戦略と戦争の研究が欠かせないが、戦略に普遍的に作用する「逆説的論理」を解き明かし、戦争のリアリティーに迫るこの名著は、現代の日本人にとって最高のバイブルとなろう。


戦争に関する卓越した洞察力
──西原 正氏(平和・安全保障研究所理事長/元・防衛大学校長)

当代最高の戦略思想家ルトワック博士は、戦争に関する卓越した洞察力をもとに戦略の逆説性を説く。国連平和維持部隊は戦争を長引かせるだけだとの主張は、
常識を適用すると望まぬ結果をもたらすという逆説的分析で鋭い。著者はまた、
中国が2008年の世界金融危機を乗り切ったことで自己抑制を怠り、「G2」を目指すが、それは逆説的に幻想だと指弾する。日中対立時代の今日、日本人にとっても貴重な示唆である。


本書は、戦略研究の第一人者であるエドワード・ルトワック博士の代表的著作、
Strategy: The Logic of War and Peace (Belknap Press of Harvard
University Press, First edition, 1987. Revised and enlarged edition,
2001.)の全訳である。すでに中国、韓国、フランス、ロシア、トルコ、イタリア、ドイツ、エストニアなどで翻訳され、現代の古典的名著として世界中の読者を魅了してきた本書を、遂に日本の読者にも御披露目できることは、訳者二人にとってこの上ない喜びである。(訳者あとがき)

ジャンル
出版社
毎日新聞出版
ページ数
437ページ
電子版発売日
2014年08月01日
コンテンツ形式
EPUB

「エドワード・ルトワックの戦略論」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年01月07日

ルトワックの戦略論。戦略の逆説的論理が主題。対立する意志の間で生じる動的な競争が逆説的論理の源泉。魚雷艇や対戦車ミサイルの逆説。戦略のレベルには技術、戦術、戦略、大戦略とあり、それが垂直的な側面をなしている。一方で大戦略は階層として最上ながら幅広い裾野を持っていて、それが水平的な側面をなしている。ロ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月14日

 現代の戦略研究の第一人者の一人である著者の和訳本で2014年に発行されているが、もともとは1987年原本出版であり、和訳が遅すぎよう。内容が難しいこともあるが、欧州各国はもちろん中国韓国よりも遅いのは、このような戦略研究者が防衛省や自衛隊に限られているというお寒い状況のせいだと思う。
 副題の戦争...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!