GPIF 世界最大の機関投資家

GPIF 世界最大の機関投資家

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

危うし、年金財政。130兆円の運用資産改革はアベノミクスの救世主にはならない。
2014年4月までGPIFの運用委員を務めていた著者が、知られざる世界最大の機関投資家の全容と、
あるべきGPIF改革について説く、緊急提言の書。

安倍政権が株価引き上げのネタとしてGPIF改革を利用したかどうかは議論しません。そんなことはどうでもいいのです。大事なことは、GPIFというものの存在を、国民が突然意識したのですが、それが何かもどのようなものかもまったく知らない。そして、政権はそのGPIFを大きく変えようとしている。しかも、まさにいますぐに、です。これは危険です。私は4月22日までGPIFの運用委員というものをやっていました。運用委員を運良く退任して、ある分野の守秘義務は依然あるものの、自由に記述できる立場にある私が、いまできることは、GPIFの理解を少しでも幅広く多くの人と共有することだと思うのです。したがって、理解が浅く、誤りもあるかもしれませんが、とにもかくにも、全力でこの本を緊急出版することにしたのです。  (「まえがき」より抜粋)


【主な内容】
第1章 GPIFとは何か
第2章 年金制度とGPIF
第3章 GPIFという組織
第4章 GPIFの運用方針と目標運用利回り
第5章 年金制度と資産市場の断絶
第6章 公的年金のくびき
第7章 国債と分散投資
第8章 低金利革命
第9章 国民によるわな
第10章 GPIFは必要か?
第11章 GPIFのガバナンス改革
第12章 透明性と説明責任
第13章 GPIFの運用とガバナンス
第14章 GPIFは良い運用者か?
第15章 意外と素晴らしい国債とそのリスク
第16章 あるべきポートフォリオ:日本株は買うな
第17章 リスクとは何か
第18章 GPIF改革私案

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
東洋経済新報社
ページ数
290ページ
電子版発売日
2014年07月25日
紙の本の発売
2014年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

GPIF 世界最大の機関投資家 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年03月17日

    GPIFとは何かについて基本のキを整理していて、便利。組織構造、ガバナンス体制、運用方針策定にかかるイロハ、そもそもの存在意義など、基礎情報が分かりやすい口調で整理されていて読みやすい。エキサイティングな本ではないけど、役に立つ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月14日

    以前地方公務員の年金運用の仕事をしていたことがあり、年金運用のあり方についてはいろいろ思うところがあったので、GPIF改革について書かれたこの本には早速飛びつきました。
    運用のプロというのは世の中に大勢いますが、プロでも通常の運用している額は数百億円程度で、兆円単位の金額を運用している人というのは、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月26日

    餅は餅屋。国債はもはやリスクオンとはいえ、これだけ巨大な投資機関の矛先は、やはり国債であるべき。なぜなら巨艦が支え続ける限り、それ自体リスクヘッジになるから。なのに何を勘違いしたのか、株式比率を上げてきた。しかも皆が稼げてる時にマイナスを出してまで。最大の失敗は、投資方針を公言してしまったこと。これ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月01日

    GPIFを巡る昨今の議論は過熱している
    公的年金であり、130兆円という資産規模を誇る世界最大の運用機関であるGPIF
    この本を読まざるともそのGPIFを巡る問題点は明らかだ
    即ち、恣意的な政治介入を断固避けるべきだということ
    そもそも株価(=企業価値)は企業の本源的価値そのものであり、バリュエーシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年12月31日

    現時点で年金の運用構造とその課題を理解するために格好の書物である。
    利回りについて割かれた分量は多いが、その分丁寧な説明で分かりやすい。
    ➡6章、8章は読むべきポイントが多い。

    そして、話はガバナンスの話へと向かう。
    著者自身がガバナンスを専門としており、ガバナンスの入門書としても通用する分かりや...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています