アフターバブル―近代資本主義は延命できるか

アフターバブル―近代資本主義は延命できるか

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

最後の巨大バブル崩壊後の世界は、
未曾有の恐慌か、資本主義の終わりか? 

『ネット株の心理学』『リフレはヤバい』などのベストセラーを著した、
異能の経済学者による衝撃の未来予測

●すでに膨らみ始めたコロナショックバブル
●ゼロリスク志向が財政破綻を加速させる
●日銀は「新次元の金融政策」に踏み切るべき
●新たなバブルをつくり出せない「本当の危機」
●不要不急の消費による「成長モデル」の限界

東洋経済オンラインの人気著者による書き下ろし、緊急出版!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
東洋経済新報社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2020年09月04日
紙の本の発売
2020年09月
サイズ(目安)
2MB

アフターバブル―近代資本主義は延命できるか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月29日

    2020/09/29 小幡績 アフターバブル☆☆☆
    資本主義のダイナミズムの本質は「バブル」
    商品バブル 石油・金・ダイヤモンド・資源開発
    資産バブル 不動産・フロンティア
    金融バブル 債券・株 実物経済に対する資産経済
    株は究極のバブル 未来の夢をお金にする
    イノベーションという名のバブル
    これら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月08日

    バブルがはじけ、あとにはバブルなし。日本の財政は破綻するとの警鐘を鳴らす本。理論やファクトや論文の引用が豊富な本を期待していたので、期待外れ。著者のコラムが好きな人にはファンブックとしておすすめ。少し、文章がくどい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    【遠い未来を】
    この手の本は時が経つと読まれなくなります。
    時が経ち真実が現れるからです。

    誰もわからない未来を予言するのであれば、4、5年で判明する未来ではなく、100年ぐらいの遠い未来がいいです。そこまで当たりかハズレかが断定されないからです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    すなわち、すなわち。
    であれば、であれば。
    助詞の「の」。が連続5個。非常に読みにくい。
    MMTは眉唾と断言するも、根拠を示さない。
    自分の主張したいことは、「最優先される」「最重要である」などと書くが、根拠が不明。
    現在の株価異常高騰がバブルであり、一つ前のバブル崩壊後"精算後回し的な金...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月19日

    バブルとアフターバブルの繰り返しが経済の本質。
    バブルとは、外部の力で膨らませたもの。
    流動化、外部、フロンティア、の3つが資本主義の発展に必要なもの。
    コロナは、一時的なものだが、財政出動した分はのちのちバブルになる。

    イラクの国家予算は1バレル80ドルで組まれている。ロシアは40ドル以下では財...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング