人形は笑わない 名探偵夢水清志郎事件ノート

人形は笑わない 名探偵夢水清志郎事件ノート

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

文芸部長の亜衣と副部長のレーチは部費捻出のため、映画を撮ってその入場料をあてることに。ところが、毬音村では、人形が夜動きまわるといううわさが!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社青い鳥文庫
シリーズ
名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズ
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年07月18日
紙の本の発売
2001年08月
サイズ(目安)
5MB

人形は笑わない 名探偵夢水清志郎事件ノート のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年10月31日

    レーチがやらかさなければ
    この事件に関与することすら
    なかったような気がします。

    そう、レーチは
    部費0円事件という
    まあすばらしい事件に関与して
    しまったわけで。
    やはり「零知」なのかもね(笑)

    そしてその費用を補完しようと
    やったのが映画の撮影ですわ。
    そう、毬音村に伊藤さんの取材に
    連れら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    夢水シリーズ♪

    人形に塔、そして合宿。
    これで面白くならないわけがありません(笑)

    しかしはやみね氏は「映画制作」好きですね♪

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月04日

    大好きなシリーズで久しぶりに読みました。
    児童文学と言えどそのトリックやキャラクターの作り込みは大人になっても読み応え抜群!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月10日

    シリーズ順に買わずに「そして5人がいなくなる」に続いて買った夢水清志郎事件ノートシリーズ2冊目。シリーズの中では何故か心に残っている作品で、「儚」という漢字を覚えたのもこの作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    夢水名(迷)探偵は、雑誌の謎解き紀行の取材で毬音(まりね)村へ。夜、歩きまわる人形たちのうわさは、ほんとうなのか?人形作家だった栗須寧人(くりすねいと)は、なぜ人形の塔を建てたのか?そして、その塔で3年まえにおこった謎めいた事件の真相は?――と、シリアスに展開するはずだったが、レーチたち文芸部映画ス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    推理小説みたいなのが好きな人。おもしろい本が好きな人におすすめ。
    探偵夢水清志郎が隣に住んでいる三姉妹と共に事件を解決していきます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月31日

    家にあった分は全部読みなおしました。

    大人でも十分に楽しめる内容だと思うので是非シリーズ全作品読んでほしいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これは、まあなんですかね。
    人となりが分かるといいますか。なかなかに怖い話で、しかし最後の人情。人偏に「二」と。ふーむ、よかよか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています