オリエント急行とパンドラの匣 名探偵夢水清志郎&怪盗クイーンの華麗なる大冒険

オリエント急行とパンドラの匣 名探偵夢水清志郎&怪盗クイーンの華麗なる大冒険

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ヨーロッパを横断する、オリエント急行。それは、赤い夢をあざやかに彩る、かずかずの大事件の舞台となってきた。そして、いままた、古より伝わるパンドラの匣をめぐって、新たな事件が……。偶然か、はたまた運命か、乗車するのは名探偵夢水清志郎、そしてきっとどこかに怪盗クイーン。古都イスタンブールから花の都パリへと向けて、オリエント急行がいままさに発車する――!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社青い鳥文庫
電子版発売日
2016年07月22日
紙の本の発売
2005年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

オリエント急行とパンドラの匣 名探偵夢水清志郎&怪盗クイーンの華麗なる大冒険 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年09月30日

    中学生の頃、教授とクイーンが共演してるのが嬉しすぎて血管切れそうになりながら読んでました。ジャックとその父の描写がいいなあ。挿絵の村田先生、K2先生もそのままの絵柄で交互に描かれてるのが感慨深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月22日

    怪盗クイーンのファンのわたしにとってはとてもおもしろかったです!!パンドラの箱を盗んだり、何回も夢水清志郎にみつかるところなどが、一番おもしろかったと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月02日

    また、あの二人が対決する!!題名だけでも面白そうだったけど、やはり面白かった。それにジョーカーとRDに怒られるクイーン、面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月11日

    はやみね先生の二大シリーズ、夢水探偵と怪盗クイーンが競演するお話です。
    『いつも心に好奇心!』の『怪盗クリーンからの予告状』で、クイーンが世に産み出された時から二人はライバル。
    『オリエント急行』の名をタイトルの冠すだけのことはある名対決でした。
    児童書ならではの大胆な展開ですが、歯ごたえのあるトリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    夢水清志郎とクイーンのコラボ作品。対決、楽しかったです。探偵と怪盗っていいよね・・・。最後のおまけも気に入ってます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    クイーンと教授の共演!両方の作品ででてくる登場人物が同じ本ででてくるというのは、実に面白いものですね(笑)教授はいつも通りマイペースで、なんだか少しほっとしてしまいます;

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    夢水清志郎とクイーンが共演。
    内容が内容だけに出版される前はどんな厚さで出されるかと正直ヒヤヒヤしたw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    夢水清志郎VS怪盗クイーン!
    二人とも最高です!!見ごたえあり!!!
    個人的にはジョーカー大好き☆

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月01日

    ヨーロッパを横断する、オリエント急行。それは、赤い夢をあざやかに彩る、かずかずの大事件の舞台となってきた。そして、いままた、古より伝わるパンドラの匣をめぐって、新たな事件が……。偶然か、はたまた運命か、乗車するのは名探偵夢水清志郎、そしてきっとどこかに怪盗クイーン。古都イスタンブールから花の都パリへ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月17日

    ヨーロッパを横断する、オリエント急行。それは、赤い夢をあざやかに彩る、かずかずの大事件の舞台となってきた。そして、いままた、古より伝わるパンドラの匣をめぐって、新たな事件が・・・。偶然か、はたまた運命か、乗車するのは名探偵夢水清志郎、そしてきっとどこかに怪盗クイーン。古都イスタンブールから花の都パリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社青い鳥文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング