ナボコフの文学講義 下
  • 最新刊

ナボコフの文学講義 下

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

二〇世紀の世界文学を代表する巨匠にして、稀代の小説読みによる文学講義録。時には図解を多用しながら、緻密に読み解いてゆく。下巻は、ジョイス『ユリシーズ』ほか、スティーヴンソン、プルースト、カフカ作品の四講義を所収。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
電子版発売日
2014年07月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

ナボコフの文学講義 下 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年02月25日

    スティーヴンソン ジキル博士とハイド氏の不思議な事件 9-60(52ページ)
    プルーストのスワンの家のほうへ 61-138(78ページ)
    カフカの変身 139-202(64ページ)
    ジョイスのユリシーズ 203-375(173ページ)
    文学芸術と常識 376-

    だからなんだ、という声も聞こえてきま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月12日

    プルースト、カフカ、ジョイス目当てで下巻を先に購入したけど上巻も読みたい。ロシア文学講義も!文庫で読めるのが嬉しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月27日

    カフカの『変身』論が生き生きしていた。バタフライ(蝶・蛾)の専門家ナボコフの面目躍如。甲虫グレゴール・ザムザの殻の下には羽が畳まれているという指摘に目から鱗。ザムザはひょっとして、自在に飛べたのかもしれない。しかし部屋は飛ぶに狭すぎたか、飛び方を知らなかったか、飛んで逃げ出すには家族が気がかりで仕方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月12日

    とにかく「精読」、引用ばっか、でも…ーー


    引用が非常に多い。自説の主張が乏しい。

    結局は何が言いたいのか?そればかり気になっていたが、気づいた。

    「読み込む事によって、小説の醍醐味をとことん感じろ!」ってことだ。

    引用の分量に比べ圧倒的に少ないが、

    ナボコフの鋭い(時に鋭すぎる!)指摘が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月14日

     ナボコフが大学で行った講義のメモを、編集者がまとめたもの。どうやら残されたノートはかなり断片的であるらしく、この本を読んでいても、小説についての「まとめ」の批評が無いままに終わる章が多く、アレ?という気にさせられる。ナボコフはきっとアドリブで、講義の最後を華麗にまとめたのだろう。

     取り上げられ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月21日

    カフカのところだけ。
    「変身」について場面ごとにひとつひとつ解説していて、この評論を読めばあらすじどころかストーリーを完全に追えちゃうという細かさ。
    最後にグレゴールが死に、家族が晴れ晴れしているシーンを取り上げて、「虫になったグレゴールの心は人間のままだったが、周りの人間の心は虫けら同然だった」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ナボコフの文学講義 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • ナボコフの文学講義 上
    1,430円(税込)
    世界文学を代表する巨匠にして、小説読みの達人ナボコフによるヨーロッパ文学講義録。なにより細部にこだわり、未踏の新しい世界として小説を読み解いてゆく。上巻は、フロベール『ボヴァリー夫人』ほか、オースティン、ディケンズ作品の三講義に加え、名評論「良き読者と良き作家」を所収。
  • ナボコフの文学講義 下
    1,430円(税込)
    二〇世紀の世界文学を代表する巨匠にして、稀代の小説読みによる文学講義録。時には図解を多用しながら、緻密に読み解いてゆく。下巻は、ジョイス『ユリシーズ』ほか、スティーヴンソン、プルースト、カフカ作品の四講義を所収。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

河出文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング