疑わしき男 幕府役人事情 浜野徳右衛門

疑わしき男 幕府役人事情 浜野徳右衛門

作者名 :
通常価格 743円 (676円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ひょんなことかで先手組の与力・津野惣十郎にからまれた徳右衛門。しまいには惣十郎から果し合いを申し込まれてしまう。困り果てていたところに殺人事件が起こり、こともあろうに徳右衛門に人斬りの嫌疑が向けられてしまう。剣の腕は確かで、上司の信頼も厚いのに「大事なのは家族」と言い切るマイホーム侍・徳右衛門が活躍する、人気シリーズ第4作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年05月20日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

疑わしき男 幕府役人事情 浜野徳右衛門 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年08月12日

    第四作目
    初めて読むが、すっと入れる、
    もっとマイホーム侍と思っていたがそうでもない
    絡まれた相手の殺人容疑で目付に疑われたことから、事件の解決を目指すが、ちょっと凝り過ぎ?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年09月01日

    どこにでも鼻つまみの人物は存在する。
    嫌がらせをする男に因縁をつけられる徳右衛門だが、その男が殺されてしまい、犯人と疑われ途方に暮れる。

    なかなか捜査が進まず、自分で調べることに。

    今回は弱者を救いきれない結果が悲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

幕府役人事情 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • ちょっと徳右衛門 幕府役人事情
    八十石取りの与力・浜野徳右衛門32歳。日々のお役目は無難にこなし、偉くなるより家庭円満の暮らしを愛していたが、ある日、息子の慎之介が上役の息子にイジメられていることを知り……出世を望む妻、上司や同僚の視線、人情が呼ぶ意外な事件。右往左往の徳右衛門、ささやかな幸せを守れるか!? 剣の腕は確かで上司の信頼も厚い、マイホーム侍、見参。新感覚時代シリーズ初登場!
  • ありゃ徳右衛門 幕府役人事情
    周囲の信頼は厚いのに、出世より家庭が最優先の与力・徳右衛門。とはいえ、同僚の道ならぬ恋路は放っておけず、正義の行動をおこしたつもりが若造に馬鹿にされ、妻は奥様同士のつきあいに不満を溜めている。ついには仇討ちを手助けするつもりが、敵の事情にほだされて――。リアリティ満載の、心に響く新感覚時代小説、待望の第二弾!
  • やれやれ徳右衛門 幕府役人事情
    “マイホーム侍”が活躍する書き下ろしシリーズ第3弾 色香に溺れワケありの女を匿ってしまった部下の窮地を救えるか? 役人として男として答えを要求される“マイホーム侍”、いかに!?
  • 疑わしき男 幕府役人事情 浜野徳右衛門
    ひょんなことかで先手組の与力・津野惣十郎にからまれた徳右衛門。しまいには惣十郎から果し合いを申し込まれてしまう。困り果てていたところに殺人事件が起こり、こともあろうに徳右衛門に人斬りの嫌疑が向けられてしまう。剣の腕は確かで、上司の信頼も厚いのに「大事なのは家族」と言い切るマイホーム侍・徳右衛門が活躍する、人気シリーズ第4作。
  • 五つの証文 幕府役人事情 浜野徳右衛門
    異色の時代小説! マイホーム侍シリーズ第五弾! 徳右衛門の従兄、芳則が殺しの疑いをかけられた。調べに乗りだした徳右衛門だが事件は意外な展開に。そして家庭にもさざ波が……。
  • すわ切腹 幕府役人事情 浜野徳右衛門
    出世より家庭優先! 好評マイホーム侍シリーズ最終巻 剣術試合で四人抜きをやってのけた剣の腕を買われ御先手組から火付盗賊改方の加役となった徳右衛門。ある日、大店の茶問屋・井筒屋に賊が押し入り、女中たちを殺し金を奪うという事件が起こる。賊の仲間割れで殺されたと思しき男の死体も近くで見つかるが、その男は徳右衛門が行き倒れているところを見かねて井筒屋に紹介した障子屋・利八であることがわかり、徳右衛門に疑いの目が向けられることに。 「身の証が立てられなかったら、おぬしは改易、いや切腹も免れぬぞ!」 愕然とする徳右衛門だが、妻の志乃にもはっぱをかけられ、盗賊・丑寅の六右衛門の行方を追う!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

幕府役人事情 に関連する特集・キャンペーン