人斬り弥介 その一

人斬り弥介 その一

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

享保年間、江戸は禄を求める浪人であふれていた。版木職人・小田丸弥介は、深川界隈の浪人がひとり、またひとりと姿を消していることに気づく。浪人同士の斬り合いが、何者かの意志のもとで行われているらしい。かつては“人斬り”と異名をとった弥介も、百造と名乗る謎の男から浪人を斬るよう強要されるが…。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2014年06月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

人斬り弥介 その一 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    旧・その1。享保4年(1719年)。弥介33歳。娘5歳。弥介は妻と娘を人質にされ大岡越前(44歳)の犬(狼)となり人斬りをさせられることになる。今後の相方となる仁助(28歳・つぶて術・絶倫の女好き)。浪人仲間の左柄次郎左衛門(38歳・元赤穂浪人士)と九沢半兵衛。もちろんエッチ場面満載ですよ。

    このレビューは参考になりましたか?

人斬り弥介 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 人斬り弥介 その一
    605円(税込)
    享保年間、江戸は禄を求める浪人であふれていた。版木職人・小田丸弥介は、深川界隈の浪人がひとり、またひとりと姿を消していることに気づく。浪人同士の斬り合いが、何者かの意志のもとで行われているらしい。かつては“人斬り”と異名をとった弥介も、百造と名乗る謎の男から浪人を斬るよう強要されるが…。
  • 人斬り弥介その二 平三郎の首
    人質にとられた妻子のために、江戸を離れ、暴徒・野盗の横行する関八州を回る密偵になるよう、大岡越前に強要された小田丸弥介。旅の途中の宿場で、四人の浪人をそれぞれ一太刀で倒した弥介は、その“人斬り”の豪剣を見込まれ、お勢と名乗る妖艶な美女に「ある浪人者が持つ生首を奪ってほしい」という奇怪な頼み事をされるが…。シリーズ第2作。
  • 人斬り弥介その三 暗鬼の剣
    治安乱れる江戸市中を、すべての記憶を失って彷徨する弥介。辻斬り強盗の浪人をいともたやすく斬り捨て、身についた人斬りの技に驚き、人を殺めても何の感傷も湧かない自分の心に懊悩する。ただひとつ覚えているのは五鬼荘彦斎という名前――川越城下に集結し、不穏な動きを見せる浪人集団の首領だが……。
  • 人斬り弥介その四 修羅が疾る
    大岡越前の密命をうけて、狼藉をはたらく浪人どもを斬り続ける名うての剣豪・小田丸弥介。地元博徒衆と新たに一家を旗揚げした流れ者浪人・玉虫3兄弟の抗争で、江戸深川には浪人が集まり始めていた。必殺の一閃で次々と浪人を倒してゆく弥介だが、その首に何者かが千両の賞金を懸けた。峰流剣豪小説の傑作。
  • 人斬り弥介その五 斬刃
    享保13年、将軍吉宗の御落胤を名乗り出た山伏・天一坊が、浪人の中から家臣を取り立てるとの触れを出した。吉宗から真偽のほどを吟味せよ、と命じられた大岡越前は、剣豪小田丸弥介を天一坊のもとに送り込む。幕府対天一坊一派の争いに巻き込まれた弥介は、黒装束の浪人集団が暗躍していることに気づくが……。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています