阿修羅の女族(上) 慙愧の巻

阿修羅の女族(上) 慙愧の巻

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

愚法・生類憐みの令が発令されて10年と少し、直参旗本徒目付の八木又四郎は、屋敷に忍び入った奇怪な老婆に、やっと懐妊した妻鹿乃の腹から胎児を掴み出され始末されてしまう。老婆は鳳来寺山の丹と名乗り「お前への罰じゃ」「綱吉を恨め」と言い残して去る。男女を色狂いにさせる魔性の一族が暗躍する開示件の幕開けだった。特選長編時代小説前編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
双葉社
ページ数
266ページ
電子版発売日
2011年03月11日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

阿修羅の女族(上) 慙愧の巻 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

阿修羅の女族 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 阿修羅の女族(上) 慙愧の巻
    愚法・生類憐みの令が発令されて10年と少し、直参旗本徒目付の八木又四郎は、屋敷に忍び入った奇怪な老婆に、やっと懐妊した妻鹿乃の腹から胎児を掴み出され始末されてしまう。老婆は鳳来寺山の丹と名乗り「お前への罰じゃ」「綱吉を恨め」と言い残して去る。男女を色狂いにさせる魔性の一族が暗躍する開示件の幕開けだった。特選長編時代小説前編。
  • 阿修羅の女族(下) 幻影の巻
    白気が飛び、大地震が起こった。今また赤気が江戸の夜空を焼き大火が起きる。淫気に走った妻鹿乃を斬り、すでに嫁いでいた妹亜希も「犬殺組」と称する少年の集団に攫われた徒目付八木又四郎だったが、同じく猿女一族の長・鳳来寺山の丹に愛妾の胎児を奪われた老中柳沢吉保に召され、配下の隠し目付となる。鳳来寺山に金塊はあるのか。猿女一族の真の目的とは?特選長編時代小説後編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています