加賀の牙

加賀の牙

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

加賀藩士・羅宇甚八は、七十石の禄を食む軽輩だ。藩は代々、八家の合議制で成り立ち、重臣たちが牛耳る。甚八は日々、浪人を斬り女を抱くことで、退屈を紛らわしていた。そこに修羅と名乗る謎の男が出現し、藩士斬殺が相次ぐ。果たして、甚八が修羅なのか? 窮地に陥る彼に意外な人物が救いの手を……。時代小説の第一人者が渾身の筆致で描く。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年08月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

加賀の牙 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    エッチ場面満載の濃厚な官能時代小説です。銭湯や湯屋などでの愛撫などや絡み満載。羅宇甚八(28歳)。さすが峰隆一郎作品はどれもエッチ場面満載で良いですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています