経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち

経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

努力すれば誰でも経営者になれるのか。それとも「選ばれし人」しかなれないのか。師の言葉を通し「経営者」について呻吟した門下生たちは、その先に何を見いだしたのか。
稲盛和夫氏の長時間インタビューと、稲盛経営を実践する盛和塾生の体験談から、「経営者とは何か」「経営者とはどのような人間なのか」という根源的な問いに迫る。経営者の宿命に迫った渾身の稲盛哲学書。

●「本当に自分で経営を一生懸命にやっていこうと思えば、経営者というのは、これほどしんどいものはない」
●「大きな成功には大きな自己犠牲が伴う、小さな成功には小さな自己犠牲が伴うのです」
●「不景気だとか、うちにはこういう技術がないからとか、何を言うとるんや」
●「必死にやれば、このじいさんでも何万人の気持ちを変えることができるのです」
●「経営のケの字も知らんくせに、経営者ぶっておる人がたくさんいる」
●「若い頃、大変しんどい目をしとったとき、こんなにしんどいなら社長をやめようと思うことはしょっちゅうでした」
(稲盛和夫氏のインタビューから)

ジャンル
出版社
日経BP
電子版発売日
2014年05月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

書店員のおすすめ

「必死にやれば、このじいさんでも何万人の気持ちを変えることができるんですから」
言わずと知れた京セラの創業者であり、JAL再建の立役者となった稲盛和夫氏。その稲盛氏ご本人と、彼が塾長を務める「盛和塾」の門下生である経営者達のインタビューを通じて『経営者』の本質を問う一冊。80歳を超えてもなお、経営の第一線を走り続ける稲盛氏。10,000名(2016年時点)を超える塾生の中には、熱烈な追っかけ経営者もいるという。それほどまでに彼らの心をつかむのは何なのか。印象的なのは、苦境に立たされた経営者たちが稲盛氏から厳しい言葉を突き付けられ、苦悩しながらもどん底から這い上がっていこうとする姿。彼らを突き動かしたのは、稲盛氏の語る経営哲学や生き様そのものであった。「もう駄目だと思った時が、仕事の始まり」稲盛氏の言葉は厳しいが温かく、どれも愛に溢れている。

経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち のユーザーレビュー

    購入済み

    感動レベル

    ひろふみ 2020年01月15日

    経営とは、、。凄く大きなテーマで、日々悶々としている時にこの本に出会えて本当に良かったと言える。
    心が落ち着き、自分の使命を改めることが出来た。
    慢心せず、従業員に寄り添う経営者でありたいと思っていたのにいつの間にか業績や状況に飲み込まれ、【本当の意味での従業員の為】から脱線しかけていた。
    また読む...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月11日

    経営者とは…という観点で、
    稲盛さん本人のお言葉と共に、稲盛塾に行かれてる色んな経営者のお話を交えて稲盛論を展開していく内容でした。

    確かに、こんなトップなら
    下の者は間違いなくついていくだろうなって思える。明確な経営者像。
    そんな人たちに会ってみたいし仲間に入れるように、なりたいと感じた一冊でし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月13日

    動機が利己か利他かが、物事の成否を分かつ。しかし利益を出さなければ社会に役立つ事業は継続できない。心技ともに誰にも負けない努力をせよ。そしてメンバーに惚れられるリーダーであれ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月09日

    経営者とは
    ・稲盛和夫は哲学宗教の本をよく読む
    ・全従業員の物心両面の幸福を追求する(京セラ企業理念)
    ・不景気だとか、うちにはこういう技術がないからとか、何をいうとるんや。ないのが当たり前やないか。
    ・小さな部門とはいえども、リーダーには人格が伴っていないといけない。フィロソフィ(哲学)が重要。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月24日

    20150505
    稲盛和夫という人には以前から興味があった。京都の偉大なる先輩経営者に教えを請う心持ちで本を開く。生きていくうちに咀嚼して、60歳くらいになったときにそろそろ分かってきたかな、となれば遅くない。そういう深さがある言葉なのかなと思う。

    ー会社創立3年目で「稲盛和夫の技術を世に問う」だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月18日

    感想:稲盛和夫さんのお話と、盛和塾の門下生である経営者の話が載っている。
    テーマはタイトル通り、もちろん、「経営者とは」。
    稲盛さんをこれでもかと褒め殺すような文言が多いのは気になるが、非常に深く濃密な内容になっている。

    経営者に必要なもの。それはつまるところ、人間性。魅力があるか、ついていきたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月08日

    稲盛さんの言葉と、稲盛塾に参加している経営者の話が書かれてある。

    稲盛さんを愛する全国の経営者達(門下生)の学ぶ姿に、私も触発されました。
    私の哲学とは何か、考えさせられる1冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月26日

    経営者のあるべき姿について書かれた本。経営に関して、「いかにも」と思わずにはいられないが、その一方で本質をついており、軸もしっかりしていて、なによりこれだけの人が慕う人望こそが稲盛さんの経営者像をあらわしているように感じられた。

    言葉だけでなく、また行動だけでもなく、何より実体験をもち結果を出し続...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月21日

    「自分の立場におごってはいけない」

    「多様性があるからこそこの社会は成り立っている。自分とは違う立場の人を排除してはいけない」

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年05月24日

    日経トップリーダー編集部による稲盛
    和夫氏の経営者観とリーダーシップ論
    をまとめられた書籍。

    一章は、稲盛氏本人が経営哲学を
    レビュー。『経営とは何か』ではなく、
    『経営"者"とは何か』を語っているのが
    ポイント。

    経営とは『全従業員の物心両面の幸福を
    追求すること』という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

経営者とは に関連する特集・キャンペーン