産霊山秘録

産霊山秘録

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

はるか古代から続く〈ヒ〉一族は、国が動乱期にさしかかると、特殊な能力を使って危機を救ってきたといわれる。その能力とは、御鏡、依玉、伊吹と呼ばれる三種の神器を使ったテレパシー、テレポーテーションであった。物語は戦国の世、織田信長の比叡山焼き討ちから始まり、関ヶ原、幕末、太平洋戦争、そして戦後の混乱期へと四百年の時を越える。歴史の襞の中で動く〈ヒ〉一族を圧倒的スケールで描くSF伝奇ロマンの傑作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
520ページ
電子版発売日
2014年05月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

産霊山秘録 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年05月23日

    本能寺の変、関ヶ原、幕末、太平洋戦争と、約400年もの時をまたぐなんとも壮大な伝奇SF。
    「ヒ」というサイキック忍者一族が、日本(世界)の歴史を動かしていたという設定が、多くの伏線を回収し、別の意図を浮かび上がらせていくさまは痛快。
    下の巻、鼠小僧の「江戸地底城」と坂本龍馬の「幕末怪刀陣」が好み。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月17日

    先年、集英社より再刊されているのは、気づいていた。出張先の横浜は日吉駅の書店で積み上げられているのが目に留まる。おお、これならば読み返せそう。

    頻度は多くなかったが、これまで復刊されるごと、幾度となく読み返してきたもの。今回、そのインターバルは長く、ストーリの詳細は頭から抜けきっていた。今の年齢で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    日本の伝奇小説の第一人者。歴史の影で暗躍する一族の物語。ここから恩田陸の遠野物語に繋がるものも感じます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月11日

    表紙のイラストを見た時には、一瞬読むのをやめようかと思ったが、諦めてしまわなくてよかった。
    章は戦国時代から始まり、以降、江戸、幕末、昭和と下っていく。
    中盤辺りまで読み進めるまでは、あまりに奇抜なごった煮感にいささか面喰らい気味だったが、終いまで読めば物語がきちんと一つの連環のなかに収まり、完結し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月13日

    破天荒。痛快。戦国、幕末、昭和に関する基礎知識があれば楽しめます。
    文庫一冊に収まるのが残念な気もする。それくらい終わるのが惜しく感じられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月28日

    2012/08/28:歴史の裏で暗躍する特殊能力者一族の話。ツッコミ所は多々あるものの戦国時代からアポロ計画まで出てくるスケールの大きさに引き込まれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月29日

    厨二病時代の1冊を30年ぶりに再読。今でこそありふれたアイデアに思われそうな内容だが、むしろこれが元祖だろう。約40年前に書かれた伝奇SF小説の時代劇。とにかく発想の豊かさとアイデアは当時としては革新的。今現在において似た作品が存在するとしたらそれらは全部これの真似だと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング

産霊山秘録 に関連する特集・キャンペーン