機龍警察 未亡旅団

機龍警察 未亡旅団

作者名 :
通常価格 1,881円 (1,710円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

チェチェン共和国から侵入してきた女性だけのテロリスト集団、『黒い未亡人』と特捜部との壮絶な闘いを描く至近未来警察小説。日本SF大賞&吉川英治文学新人賞受賞シリーズの最新第4弾    チェチェン紛争で家族を失った女だけのテロ組織『黒い未亡人』が日本に潜入した。公安部と合同で捜査に当たる特捜部は、未成年による自爆テロをも辞さぬ彼女達の戦法に翻弄される。一方、特捜部の城木理事官は実の兄・宗方亮太郎議員にある疑念を抱くが、それは政界と警察全体を揺るがす悪夢につながっていた――世界のエンタテインメントに新たな地平を拓く“至近未来”警察小説、衝撃と愛憎の第4弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
単行本
ページ数
408ページ
電子版発売日
2014年04月18日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
1MB

機龍警察 未亡旅団 のユーザーレビュー

    購入済み

    こんどはチェチェンか!

    mulkei 2014年05月30日

    1作目はチャイナ、2作目はアイルランド、3作目はロシアと、世界の裏社会と日本の警察が派手な戦いを繰り広げる本シリーズの最新作。
    ついにチェチェンが舞台だ!もう次はアラブに行くしかあるまい。

    それはさておき、本作も素晴らしい出来で満足。暴力の支配する荒廃した地からやってきた少女と、暴力を内に秘...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    偶然を信じるな。沖津特捜部長の指摘はいつも鋭い。チェチェンのテロ組織「ブラックウィドウ」が日本で計画するテロとは。龍騎兵が登場する近未来警察小説のリアリティは半端ない!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月22日

     一気に読み切った。
     
     女性の描かれ方「聖母」か「鬼女」か、の極端な描かれ方は気になるが、登場人物の書き分けがうまいので、相変わらずテンポよく読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月16日

    機龍警察シリーズ第四弾はこれまでの作風からまたちょっと変えてきた。今回は突撃要員ではなく由起谷・城木が主役。作者の月村さんは特に由起谷がお気に入りなんだろうなというのが伝わってくる(実際、次作の短編集でもフューチャーされている)。今回は戦場で常に犠牲となる女性と子供からなるテロ組織が空いて。自分たち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月23日

    テロ組織『黒い未亡人』との戦いと由紀谷、城木に焦点が当てられた物語。今作からは突入要員の3人が中心になることはないが、前作で過去を知っている分、各言動により深みが増して見えて面白い。また、1作目から話題に上がっていた「敵」の正体が徐々に明らかになっていく。外部からの敵と機甲兵装で戦いつつ、内部の敵と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月24日

    機龍警察は鉄板なのである。
    作中の一行一行がいい大人の胸を
    ドキドキワクワクで一杯にしてしまう。

    ここまで完成度の高いシリーズは他にありません
    号を追うほどに濃密で狡猾で泥だらけな物語が面白さを加速する。

    日本中の男性諸氏に読んでもらいたいです。


    機龍警察は鉄板です

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    続編が待ちきれない!

    小太郎 2016年02月08日

    今までの4冊の中で、個人的には一番良かった。普通シリーズものは、3冊目位からマンネリ詰まらなくなると感じているが、このシリーズは更に内容が良くなり、話の骨子も太くなっている。今後は沖津の過去や見えない敵の正体など、まだまだ目が離せない。次回作が待ちきれません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月13日

    チェチェンの女性テロリストグループが新潟で行おうとする自爆テロを、下関出身の刑事とその仲間が防ぎ戦う話。シリーズ第4作。登場人物たちの書き込みにますます磨きがかかっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月16日

    機龍警察シリーズ、4作目。

    今作のメインは城木理事官と由起谷警部補、かな。テーマはチェチェンのテロ組織「黒の未亡人」。

    毎回のことではあるが、近未来SF設定でありながら、時代背景の描写では現実を痛烈に突きつけられる。やっぱり日本人として日本で生まれ育った私には、チェチェンの出来事も、少年兵のこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月16日

    堂々のこのミス第5位。
    連作にも関わらず、しかも4冊目なのにこの評価!凄いんじゃない?
    ドラグーンに乗る搭乗員を順番に紹介するシリーズは終わってどうするのか、と思っていたら自爆をものともしない最強テロ集団「黒い未亡人」が登場。
    女だけの戦闘集団、しかも自爆させるのは少年兵(少女)と言う日本の常識では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています