水上草介は、薬草栽培や生薬の精製に携わる小石川御薬園同心。人並み外れた草花の知識を持つものの、のんびり屋の性格と、吹けば飛ぶような外見からか、御薬園の者たちには「水草さま」と呼ばれ親しまれている。御薬園を預かる芥川家のお転婆娘・千歳にたじたじとなりながらも、草介は、人々や植物をめぐる揉め事を穏やかに収めていく。若者の成長をみずみずしく描く、全9編の連作時代小説。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2014年03月20日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 柿のへた 御薬園同心 水上草介
    通常版 1巻 545円(税込)
    水上草介は、薬草栽培や生薬の精製に携わる小石川御薬園同心。人並み外れた草花の知識を持つものの、のんびり屋の性格と、吹けば飛ぶような外見からか、御薬園の者たちには「水草さま」と呼ばれ親しまれて...
  • 桃のひこばえ 御薬園同心 水上草介
    通常版 2巻 669円(税込)
    「水草さま」と呼ばれ、周囲から親しまれている小石川御薬園同心の水上草介。豊かな草花の知識を活かし、患者たちの心身の悩みを解決してきたが、とんでもなくのんびり屋。そんな草介が密かに想いを寄せて...

柿のへた 御薬園同心 水上草介

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年02月11日

のんびりしているようで芯がぶれない水上の様子に心ひかれます。
また、身近な植物の効用もよくわかり、読んでいて楽しいです。

このレビューは参考になりましたか?

柿のへた 御薬園同心 水上草介

Posted by ブクログ 2014年12月06日

ずっと気になっていた作家さんのシリーズ。御薬園同心の水上草介が、事件を植物や漢方などの視点から謎とく連作短編集。ひょろっとしてどこか頼りなさげな草介、周囲や部下からも水草と呼ばれてしまうような人だけれど、穏やかでおごらず、植物たちに対する真摯な人。植物や漢方の視点から話が進むところが興味深く、主人公...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

柿のへた 御薬園同心 水上草介

Posted by ブクログ 2013年09月22日

御薬園同心・水上草介は御薬園の人々から“水草さま”と呼ばれ親しまれている。のんびりした性格だが、周囲の揉め事を植物の知識を生かして穏やかに収めていく。
剣劇は無いけど、のんびり草食系の草介とお転婆な千歳に癒されます。

このレビューは参考になりましたか?

柿のへた 御薬園同心 水上草介

Posted by ブクログ 2015年09月10日

じいじ(私の父)が孫(私の子)に読ませて欲しいと渡された本、その2。とりあえず私が読んでみた。。。

御薬園同心、水上草介が主人公。のんびりとした性格で、そののんびりとしたペースで話が進み、江戸物が嫌いでなければ、読みやすい本と思います。

このレビューは参考になりましたか?

柿のへた 御薬園同心 水上草介

Posted by ブクログ 2014年11月13日

小石川御薬園に勤める同心が主人公の連作短編集。
様々な草や漢方が登場して、興味をそそられる。主人公・草介がまったり穏やかなので、難題が降りかかっても、物語の雰囲気は終始穏やか。
短編一つ一つが短いので軽いけど、心和む一冊でした。予約待ちだけど続編も読みたい。

このレビューは参考になりましたか?