新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする

新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする

作者名 :
通常価格 1,152円 (1,048円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

確実に手が届く、“自分改革”を応援します
ずばぬけた能力がなくとも、誰もが仕事で輝ける! 新世代のトップランナー8人が20代~30代のビジネスパーソンに向けて、仕事において経験した苦労、失敗、それを乗り越えた方法論をシェアする。企画の通し方、仲間の作り方、やる気の保ち方など、大上段に構えず明日からでもマネできる着眼点が満載。
(著者)安藤美冬 岩瀬大輔 刈内一博 額田純嗣 廣優樹 佐渡島庸平 柿内芳文 為末大
(編集)NHK「ジセダイ勉強会」

■目次
はじめに(NHK「ジセダイ勉強会」)
episode 1 進んで仕事をつくり出す“マイルール”と“マインド” 安藤美冬(起業家・コラムニスト)
episode 2 いっしょに仕事をしたい仲間をつくれ 岩瀬大輔(ライフネット生命社長兼COO)
episode 3 “当事者意識”を持ち 社会をリデザインする 刈内一博(野村不動産)
episode 4 現場を動かすミドル・マネジメント 額田純嗣(三越伊勢丹セールスマネージャー)
episode 5 ワーク・ライフを高める“自分磨き” 廣優樹(NPO法人「二枚目の名刺」代表)
episode 6 自分らしい違和感と信念を持て 佐渡島庸平(作家エージェント「コルク」代表)
episode 7 明確な目的と熱の通った企画をつくれ 柿内芳文(星海社新書初代編集長)
episode 8 自分と向き合いモチベーションを保て 為末大(元プロ陸上選手)
おわりに (NHK「ジセダイ勉強会」主宰 神原一光)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
NHK出版
ページ数
260ページ
電子版発売日
2014年02月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

新世代トップランナーの戦いかた 僕たちはこうして仕事を面白くする のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年04月12日

    ビジネス系の本を読んで久々にわくわくして読みました。読んでいて楽しかった。
    同年代なのこともあるからか、読んでいて共感できることも多く、仕事は自分主体で、自分軸を持ってやると楽しくなるんだなと思えた。
    仕事にわくわくできる本。
    二枚目の名刺や里山プロジェクトなど、気になる事があったので調べてみようと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月15日

    僕と同じ世代の人が活躍しているのに大変刺激を受けました。考えて行動したり、逆に行動してから考えたりと人其々ですが共通していえるのは”世の中や他人の役に立とう”と考えている事ではないでしょうか。僕も頑張ります!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月07日

    現在30代を中心としたビジネスパーソンが、自分が現在の仕事を始めたきっかけや、社会人当初どのように考えていたか?などを中心に自分がなぜそう考えたかのか?そしてど行動したのか?という事を話している。

    その中で共通しているのは、問題解決力ではなく自分から「問題を設定」して、それに向かって問題をどのよう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月21日

    今置かれてる立場や悩んでることは考え方によって大きく変わる。答えではなく、常に「問い」を持つ、探すこと。そこから自分の道が拓ける。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月09日

    自分と同年代で活躍している人へのインタビュー。ここに登場する人は組織を飛び出したり、あるいは組織の中で存在感を打ち出したりと、色々。登場する人に総じて言えるのは、環境に対して不満をたれるのではなく、どうすれば自分らしさを打ち出せるかを考えた結果今に至るということ。また柔軟性も見逃せない。いつも直球勝...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月30日

    柿内芳文(青海社新書編集長)
    竿竹屋はなぜつぶれないか?

    2つの自分に橋を架ける
    自分ごと と 自分でもわかる

    重要なのは、タイトルではなく本質やコアの部分を徹底的に考えること

    対話が生まれるかどうか?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年09月21日

    チェック項目3箇所。哲学者ジャン=ジャック・ルソーの言葉とともに、本書が、就職を控えた学生の皆さん、社会で活躍しようと奮闘されている会社員の皆さん、そしてすべての「ジセダイ」のお役に立つことを祈っています。自分にとっては「たいしたスキルではない」と思っていても、業界を変えれば、あるいは見せ方を工夫す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年04月28日

    《Episide8 為末大 自分と向き合いモチベーションを保て》
    欧米に「ノーブレス・オブリージュ」という言葉があります。騎士道の根幹でもあるのですが、僕なりにざっくりと言えば、"持てる者の責任"です。身分の高い家に生まれることもあれば、貧しい家に生まれることもある。それはサイコ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています