がん保険のカラクリ

がん保険のカラクリ

作者名 :
通常価格 838円 (762円+税)
紙の本 [参考] 858円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

いざというとき保険は頼りになるか? ネット生命保険会社の副社長が、がん保険に纏わる「迷信」を一刀両断。正しい知識を持てば、いたずらに不安にかられることなく年齢やライフスタイルに合った選択ができると説く。さらに、がん保険を語るうえで避けて通れない民間医療保険が抱える問題、公的医療保険との関係にも言及。これからを賢く生きるための必読書。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
225ページ
電子版発売日
2013年01月25日
紙の本の発売
2012年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

がん保険のカラクリ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月11日

    ライフネット声明を立ち上げた岩瀬大輔氏によるがん保険についた書いた一冊。

    日本でなぜがん保険が売れたのか、そして本当にがん保険に入る必要があるのかについて非常によく知ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月13日

    わかりにくくてややこしい保険の仕組みを細分化してそれぞれ丁寧に解説してあり、保険というものを客観的に見ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月11日

    2-3人に一人はがんで死ぬ時代と言いつつ、30代でガンで死ぬ人は、40-50人に一人という事実。80代に入ると4人に一人はがんにかかるのでそもそも、それでは保険として成立しないでしょう。当たり前のことを気づかせてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月30日

    実質的には、著者自身も認めているように「医療保険のカラクリ」である。
    ・がん保険に経済的な意味は見いだせない。
    ・老後の医療は保険ではなく貯蓄でカバー。
    ・収入保障保険はやはり必要。
    保険購入を考えている人や、保険業界を知りたい人向け。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月20日

    民間保険全般について知識を得られるという点で非常に良本でした。
    数字やグラフなどが多く出てくるため、保険の金額や医療費についてよく理解できます。

    タイトルはがん保険ですが、がん保険を扱っている部分は1/3ほどで、民間保険全般が学べます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月14日

    パラパラとすぐに読めた。ガン保険=アフラックなんだということを再認識。
    そして、ガン保険はいるかもしれないし、いらないかもしれない。ようは個人のリスク管理の考え方、ということ。カラクリはわかった上で安心のためや運用のめんどくささ回避に金を払うかと。
    でも入るなら、診断給付金の回数が大事ということ。複...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    ガンの罹患率、40歳代男子2%、60歳代男子14%、70歳代男子26%(死亡率11%)
    高齢化の影響を取り除くと、ガン死亡率は過去50年変化なし
    高額療養費制度で自己負担上限が月9万
    胃ガンの自己負担額1年目43万、2年目以降5万
    2011年保険料は約5兆円、給付金は約1兆円
    2009年の医療費は約...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月28日

    ネット生保の副社長による,医療保険入門。保険全般,高額にも関わらず内容を理解せずに契約してる人が多い不思議な商品だが,特にがん保険に代表される医療保険は,公的保険のキモである高額療養費制度の存在を感じさせない煽り文句で宣伝される。その現状に一石を投じるのは有意義。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月09日

    ライフネットのセールスになってしまうが、情報として役立つこと間違いなし
    十分理解してたつもりだか、原理原則は実はわかってなかったかも
    しかし、家族が情緒的だと、説得が難しいんだよな~

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月28日

    保険に関して、考えさせてくれる良い書籍である。

    一番重要なのは、自分たちの生活にはどのようなリスクがあり、そのリスクの中のどれに対して、いくら支払って、何を保障してもらっているのかを理解することです。

    言い換えると。あなたはどんな保険に入っていますかと聞かれて、ちゃんと答えられることが一番重要だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています