日本史の謎は「地形」で解ける

日本史の謎は「地形」で解ける

作者名 :
通常価格 650円 (税込)
紙の本 [参考] 802円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

養老孟司氏、推薦! 荒俣宏氏、推薦!河川行政に長年携わり、日本全国の「地形」を熟知する著者が、歴史の専門家にはない独自の視点(=インフラからの視点)で日本史のさまざまな謎を解き明かしていく。なぜ京都が都になったか──都市繁栄の絶対条件元寇が失敗に終わった本当の理由とは何か──日本の危機を救った「泥の土地」なぜ信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしたか──地形が示すその本当の理由関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったか──巨大な敵とのもう一つの戦い赤穂浪士の討ち入りはなぜ成功したか──徳川幕府百年の復讐なぜ吉原遊郭は移転したのか──ある江戸治水物語なぜ江戸無血開城が実現したか──船が形成した日本人の一体感「地形」を見直すと、まったく新しい歴史が見えてくる!歴史に対する固定観念がひっくり返る知的興奮と、ミステリーの謎解きのような快感を同時に味わえる1冊。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2014年02月07日
紙の本の発売
2013年10月
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2017年04月28日

面白かった。本書の耳目はやはり忠臣蔵の謎の部分だろう。聞いたこともない着目点、検証によって、今まで知っていた忠臣蔵とは全く違うストーリーが鮮やかに描き出され、痛快さに膝を打ちたくなる。

家康の江戸開府、その直後から行われ何代にも渡って続けられた壮大で、執念とも言える治水事業。源頼朝が鎌倉に幕府を構...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月29日

地形・気候・客観的な資料から検証しているので、説得力がある。特に「忠臣蔵」についてはサスペンスドラマを見ているようでわくわくした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年12月03日

面白かった。

この本にも出てきたが、島国、しかも極東という位置、大陸との間の早い海流が、日本という国を今までぬくぬくと生き延びさせてきたと思っているので、地勢が歴史に及ぼしている影響が大きいという著者の考え方は、非常に納得のいくものだった。
というよりかは、当然でしょ?ぐらいの気持ちで読み始めた。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月22日

・なぜ日本語は分裂せず、「方言」にとどまったか
・地形と気象の多様性で生き残った列島
・江戸時代のインフラと肥料と赤潮
・幕の内弁当や庭園に代表される詰め込み文化

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月22日

地形や気象などの理系視点で、いろんなことが分かるものなんだなぁと感心した。
特に徳川家と吉良家の話はおもしろかった。
他のシリーズも気になる。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play