寄生獣 フルカラー版 1巻
  • 完結

寄生獣 フルカラー版 1巻

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

突如飛来した寄生生物たち。彼らは人間の身体に侵入し脳を乗っ取り、他の人間を食い殺し始める。高校生・泉新一の身体にも寄生生物が侵入するが、脳の乗っ取りに失敗し彼の右手に宿ってしまう。自ら「ミギー」と名乗った寄生生物は新一と奇妙な共存関係になる。そんなイレギュラーな存在となった新一とミギーは寄生生物たちとの壮絶な戦いに身を投じる! 完結後20年が経ちながら、今なお新たな読者を獲得し続ける伝説的大傑作がフルカラー版で登場!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2014年02月21日
コンテンツ形式
EPUB

「寄生獣 フルカラー版 1巻」のユーザーレビュー

購入済み

昔読んで面白かった

ミッチィー 2017年03月06日

未知の生物がいつ地球に現れるかのは誰にも分らないし、その能力が人よりはるかに強大だっが、その中で主人公らが色々悩みながらも精いっぱい戦う姿が面白い

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

寄生獣

みっつん 2015年10月03日

何度見ても良い

このレビューは参考になりましたか?

書店員のおすすめ

有名な作品なので、あらすじよりも「人間は生き物を殺して食べることについて深く考えずに生きている」という点に注目したい。
寄生生物たちは生まれてすぐどう生きるべきか指令がくる。「この種を食い殺せ」と。野生動物も誰に習うでもなく獲物を捕まえ食べる。
人間だけが飽食の時代が続き、本能が鈍ってる。「天敵から食べられるかもしれない恐怖」を知らず、寄生獣の出現によって初めてその恐怖を味わうことで、動物の命を奪って食べることについて考える。
「牛や豚をさんざんミンチにして食ってきたくせにいまさら何を驚く?」―寄生生物のセリフのとおり人間がミンチにされて食べられる側になるのを想像した後で、「このハンバーガーまずい!」と食べかけを捨てた若者が極悪人に思える。命を奪って食うとはいったい…?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

「寄生獣 フルカラー版」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,492

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!