純粋異性批判 女は理性を有するのか?

純粋異性批判 女は理性を有するのか?

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「仕事と私とどっちが大事なの!」「浮気するなら私にわからないようにして!」……男には決して理解できない女の論理は、一体どこから生まれるのか?カントの『純粋理性批判』の構成に倣いつつ、「女という不可解」を徹底解剖する大胆不敵な女性論にして最良のカント入門書。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
234ページ
電子版発売日
2014年01月24日
紙の本の発売
2013年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2014年01月06日

     『私が哲学を始めた20歳のころから還暦を過ぎたいまに至るまで、なぜ女は「哲学的理性」の片鱗も有していないのか(中略)という問いに押しつぶされてきた。』という非道な文言から始まりますが、内実は平易なカントの解説書。
     実際の女に対する非難という意味では、ステロタイプを勝手に想定して愚痴を言うスタイル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月04日

    いい意味でも悪い意味でもカント的。カント哲学が根本的に男性中心主義的な代物であることにはもう少しいろんな人々から糾弾されてほしいものである。それが本書でよく暴かれていると言える。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年06月08日

    タイトルから想起される「バカな女どもをこき下ろす本」ではありません。
    でも、内容をツマミ読み/飛ばし読みすると、本書はそうとも読めてしまう本です(^^;)。
    著者さんは頭が良くて意地が悪い方ですね。最高です。筒井康隆さんと似たニオイがします。
       
    僕たちが、いかに「理性」と「批判」の字義について...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています