「超能力」は存在するのか?それともトリックなのか?スプーン曲げの清田益章、UFOを呼ぶ秋山眞人、ダウジングの堤裕司。かつては一世を風靡し、「超能力者であること」を職業に選んだ彼らは今、何を?3人に興味を抱いて、8年間にわたって取材を続けた著者が数々の不可思議な現象をまのあたりにしながら、「超能力」という迷宮にさまよい、彼らの孤独をすくいとろうとした異色の超現実ノンフィクション。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年02月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2016年12月31日

 タイトルは笑える。
 職業がエスパーとはどういうことだ。コメディなのか? と思わせて、その実、ものすごい重い題材を取り扱っている。
 書き手はドキュメンタリー映像監督。有名な作品はオウムを取り扱った「A」シリーズだそう。

 エスパーというものについて、当人以外、いや、もしくは親しい人がエスパー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2014年10月26日

森達也がテレビのドキュメンタリーの取材をきかっけとして長年追いかけてきた3人の「エスパー」- オールマイティな秋山眞人、ダウジングの堤裕司、スプーン曲げの清田益章 - についてのノンフィクション。ドキュメンタリーと言ってもいいのかもしれない。

スプーン曲げの清田氏は、一時はTVで頻繁に取上げられて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2013年04月28日

二人の超能力者、清田氏、秋山氏とダウジングの堤氏。常識人から怪訝な目で見られる事を宿命とする異能者達に森達也氏が密着し、その光と陰を語らせマスメディアへの疑問を提示する。
斜め上の世界のヒューマンドキュメンタリーって単純に興味をそそり面白い!超能力否定派の代表大槻教授の二枚舌と人間性とタレントぶりに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2013年03月15日

自分を試すノンフィクションだ。

何より著者である森達也氏の心の葛藤が伝わってくる。
目の前で見せられたスプーン曲げ、スプーン捻り。
ダウジングでの意地悪な実験。額に張り付く1円玉。
それらを目の当たりにしながらも、信じていいのか?信じてはいけないのか?その狭間で揺れ動く心の行く先を追いかけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2011年01月28日

職業をエスパーにした人たちの日常、メディアで見るエスパーたちの本音などがすごく丁寧に書かれていて面白かった!!超能力はあるかないか、幽霊や宇宙人はいるかいないか、この本はそんなことを主張したわけじゃないし、森達也なんて目の前で長年さんざん不思議な現象を見てきても、「結局わからない」っていうスタンスを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2010年11月03日

ドキュメンタリー作家森達也が取り上げた題材は超能力者。

これは森さんが取材したからこそ意味のある本だし、
「信じる」人も「信じない」人も、「どちらでもない」人にも読んで欲しい。

「超能力とは何か」ではなく、「超能力者とはどういった人か」に主眼を置いたのは非常に彼らしいく、
新しくないのに誰も見て...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2009年09月01日

これ、途中で表紙の写真が怖くなってしまい、カバーをはずしました。

確かに私も「超能力ならスプーン曲げ以外にもっとすごいことやれよー」
という人種だったのですが、これ読むとそうも言ってられないような…。

大槻義彦氏には正々堂々と出てきて欲しかったな。個人的感想ですが。

このレビューは参考になりましたか?

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2008年10月20日

頁を捲る手が止まらず一気読みしてしまった。スプーン曲げの清田益章、UFOの秋山眞人、ダウジングの堤裕司という超能力者3者3様の在り方が非常に興味深い。そして森達也の著作に何度も出てくるメディアへの懐疑、ドキュメンタリーに対する姿勢、なにより物事へのアプローチの仕方というものが、地下鉄サリン事件をはさ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2007年08月05日

森達也による同名のテレビドキュメンタリーの書籍化。清田益章、秋山眞人、堤裕司という3人の日本を代表する超能力者たちの日常を追った作品。特に清田のいかにも複雑なひととなりはとても興味深く、同時にマスコミ批評的な側面もある傑作。

このレビューは参考になりましたか?

職業欄はエスパー

Posted by ブクログ 2006年03月28日

超能力ブームも実はリアルタイムではないかも…。清田君ってそこまでやる人だったんだ!と始めて知ってびっくり。そして超常現象を目の当たりにし、能力者と打ち解けつつも、それを鵜呑みにできないドキュメンタリー作家。オカルトファンとしてもノンフィクション好きとしても楽しめる。

このレビューは参考になりましたか?