ふたがしら(7)
  • 完結
  • 最新刊

ふたがしら(7)

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 699円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

多くの手下を従え、誰もが一目置く悪党一味となった、
弁蔵と宗次の「ふたがしら」率いる壱師。
しかし、ふたりの思いの方向はわずかなズレを見せはじめていた。
そんな中、手下の一人で錠前外しを得意とする仙吉は、
惚れた女と添い遂げるため、一味からの足抜けを望んでいた。
やがてその望みが、思わぬ事態を引き起こすことに…。

峠を目指して共に歩んできた弁蔵と宗次。
その、長い長い旅路の終着点……最終巻。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年10月07日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年01月10日

WOWOWのドラマきっかけで読み始めたので、テイストの違いにびっくりしたけど、読んでよかったと思う。残念なのは、10代の頃に読んでいたかった。違った感想を持っていたはずなので、タイミングって大事。読んだ年齢によって、ふたがしらのどちらの感情に寄り添うのか。弁蔵なのか宗次なのか。芳なのか銀五なのか甚三...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年09月18日

仏の宗次にクローズアップしつつ、弁蔵との和解、その後の五葉につながる伏線なんかも散りばめられて。
物語の構成がすばらしかったです。
その構成の素敵っぷりに、久しぶりに「Not Simple」を思い出した。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ふたがしら」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play