永遠。

永遠。

作者名 :
通常価格 378円 (税込)
紙の本 [参考] 604円 (税込)
獲得ポイント

1pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

生きることに無器用なひとなのね、それが私にはいとしかった――葉月さんは亡くなる前、娘の弥生と幼なじみの僕に話してくれた。かつて別れた恋人のことを。弥生はその男の向かいの部屋に住み、彼の講義を聴きに短大に通った。「お父さん」と、一度も告げられずに。卒業式の日、僕は弥生の帰りを待つ――。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2013年11月08日
紙の本の発売
2006年10月
コンテンツ形式
EPUB

「永遠。」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年11月19日

さらっと読める短編がただただ心地よく、優しく染み込んでくる。

そして恋が本物でも、愛を失うことはあるんだよねえ。
それでも村山さんは知っている。

”いつか思い出の奥にしまわれてしまったとしても、
かつてそのひとと心をやりとりしたっていう記憶だけは、永遠に残る”

やっぱりこの人の作品好きだなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月17日

短い話の中に、ぎゅっと凝縮されているたくさんのこと。切ない、という言葉では表現出来ないような切なさが、そして温かみがある物語でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月20日

こんなに素敵な「永遠」、自分も経験したいような情熱的ででも思いやりのある恋と主人公達。

毎度のことながら世界観に引きこまれます。

涙が出そうな場面もあり、ページが少ないながらもぎゅっといいものが
凝縮された本でした。

もっと読みたかった、という意味で★4つ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月22日

「想いは永遠なの。」

この葉月さんの一言に尽きます。

ゆったりとした流れの中でじんわり熱くなる本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月07日

どうして村山由佳の紡ぎ出す文字列は柔らかく普通の日常を物語として描いているのにこんなにも心に残るのだろう。またひとつ栄養をもらった気がする。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,979

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!