ヴェアヴォルフ - オルデンベルク探偵事務所録

ヴェアヴォルフ - オルデンベルク探偵事務所録

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

20世紀初頭、ベルリンに存在した人と人以外の存在を繋ぐ探偵事務所。長い任務から帰還した探偵ジークは、人狼の少年の世話と新しい依頼を押し付けられた。依頼の背後に見え隠れする人狼の影――巨大な陰謀は静かに幕をあけ、二人を陰惨な事件に巻き込んでいく。第2回C★NOVELS大賞特別賞受賞作に書き下ろし短篇「クリスの奮闘録」を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
353ページ
電子版発売日
2013年09月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

ヴェアヴォルフ - オルデンベルク探偵事務所録 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年09月04日

    素直に楽しめました。
    次々と起きる事件、誰が犯人分かりそうで分からなかったり、主人公の正体を考えるのも面白かったです。
    とにかくエルが愛らしい。
    勿論、ジークもカッコいいですが、エルが愛らしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月19日

    ファンタジーの住人が存在する 20 世紀初頭を舞台にした探偵小説。
    本格推理の系統と言うよりはハードボイルドの系統ですね。
    タイトルの通り、狼男やら精霊やらファンタジーの住人が多数出てくる割にそう幻想的でもなく、地に足が着いた感じで、雰囲気は普通のハードボイルド、ちょっとスペンサー的な感じも有りです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています