孤島の夜明け - 蒼穹に響く銃声と終焉の月

孤島の夜明け - 蒼穹に響く銃声と終焉の月

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

グルア監獄の秘密に肉薄するクロラだが、謎に手を掛けた矢先、本土からの調査団に捕えられてしまう。執拗な尋問に耐えるクロラ。一方、平和式典の開かれる本土では、軍拡派によるクーデターが勃発。命を狙われた元帥以下軍首脳陣とディエゴは、議員らと共に議会会館に立て籠もる。グルア監獄と本土で呼応して起きた事件――双方を繋ぐ糸は? クロラは任務遂行できるのか? 監獄ミステリー完結

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
223ページ
電子版発売日
2014年06月27日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

孤島の夜明け - 蒼穹に響く銃声と終焉の月 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年05月24日

    監獄制圧の中での、バシュレとカルレラさんの遣り取りと、それを生温かく見ている囚人達の会話がほのぼの過ぎて笑ってしまいました。
    この作家さん、真面目な戦闘シーンも書かれるけど、笑いも多いような。
    ともかく最終巻。
    良い終わり方でした。
    また次の作品が楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月16日

    終わったー!
    なかなか面白いシリーズだったな
    他にもクロラを主役で描いて欲しいんだけどなぁ

    そういやラケールの詳細がかかれてなかったような
    読み逃したかしら?

    ハイメの出番がほぼなかったのが残念
    大きくなったクロラに対してどんな態度なのか気になるのになぁ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月29日

    うーん、個々のキャラクターは好きだったけど、シリーズ全体には設定と進行に囚われてバタバタ感が拭えなかったなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています